2018年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2018.04.22 (Sun)

OJWS稚魚どうなった?

今日でOJWS稚魚は体着四日目になりますが、どうなったのでしょうか。
一応当日の対策が効いて今日時点では60匹位は体着している様です。
初日につまづいたので成長具合が気になりますが、気持ちやや小ぶり感がありますが確実に今の所均等に成長している様です。

OJWS稚魚どうなった?


反対側にも体着しています。




P.S.
本日蕨の鈴木さんが家に遊びに来てくれました。昨年OJWS里子に出した幼魚が成長し、そのペアから30匹程孵化し現在1ケ月と1週間位で4cm強となっているそうで、是迄飼育した中で一番成長が早いとの事です。
OJWSは血が濃いのであまり大きくならないと聞いていましたが、成魚の方も我が家にいるマンボウより大きくなったとの話をしていました。凄っ!(@_@)後で画像を送ってくれるとの事なので、来たらブログにアップしたいと思います。


にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)
スポンサーサイト
21:41  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2018.04.19 (Thu)

OJWS 体着したか? ん、水が濁って稚魚バラバラ

今日は上手く行けば体着している筈と帰宅してみると・・・とんでもない事になっていました。(-_-;)

体着はおろか、あれ程透明だった水がすっかり濁り、稚魚は数がめっきり減って見え水面や底にパラパラ分散し、体着しているのは5匹位でした。・・・

PH計を見ると4.7。しかし、何故こんな水質に?是迄経験した事のない水質悪化です。
不思議なので、水槽内をよく観察すると・・・原因が分かりました。

唯一濾過機能があるスポンジフィルターのエアレーション部が数cm持ち上がり、見た目濾過が効いている様でただのエアレーションしかしていなかったのです。親が自由遊泳を始めた稚魚を追いかけてエアホースに引っかかり持ち上げてしまったのでしょう。
初めての経験です。

底には稚魚が少数死んでいるのが見えました。
生きているのも息絶えだえといった感じ。

このまま放置しておくと稚魚は絶滅でしょう。

原因が特定出来たので対策として

①.エアレーション部をスポンジフィルターにしっかり固定
②底の汚れを吸い取りながら排水後、溜池王子のこなれた水を給水

OJWS 稚魚体着したか?

水はPH5.5位に上昇し少しすると透明になって来ました。

そして30分後はこんな感じとなりました。

※稚魚が見えないので1080Pの解像度で見て下さい。


暫くすると少し体着数が増えていました。
これからが勝負ですね。

すんなり何のトラブルも無くスクスク成長させたかったので少し残念です。(;^ω^)

にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)







23:53  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2018.04.17 (Tue)

痛てっ、手を突かれた。もしや・・

稚魚孵化実績1匹と言う珍記録を持つペアですが、実は4日程前に約200個産卵していました。

♂の放精行動が弱々しく、産卵翌日には数粒白化していたので今度も無精卵かと思いっていました。
帰宅後見ると卵が全て無くなっていたので無精卵だったので食べたのだなと考えていました。

そして今日、水槽を掃除しようと手を入れると、いつもは大人しい♂が手を突いて来るでは有りませんか。

突かれた瞬間、ある思いがよぎりました。
何処かに稚魚がいるのでは?と

何処にいる?と♀の口先を見ると、スポンジフィルターにぱっと見ゴミの様に群がった稚魚がいました。

OJWS 稚魚移動

動画を撮ろうとすると、例によって見せない様に邪魔をして来ます。(;^ω^)



上手く育てば良いのですが、純血のOJWSですが♂は♀のオジサンに当たる組合せで同腹のペアよりは血縁が遠いので大きくなってくれるのでは?と今から期待しています。


にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)


23:47  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2018.04.15 (Sun)

【水槽学】エラ消毒

是迄何回かエラ病対策について記載しましたが、今回はあえてエラ消毒と言うタイトルにしました。

通常のエラ病に罹った魚の症状は片側のエラが開かなくなり呼吸数が通常の2倍程度になりますが、幼魚の場合は両側が大きく開いていても呼吸数が通常の2倍位になる場合が有ります。

勿論①溶存酸素が少ない場合や②驚いた時/興奮している時にも人間と同じ様に呼吸数が多くなりますが、酸素供給が十分でも過呼吸気味になっている場合は、③エラ病の場合と④エラ蓋下の鰓耙に脂肪質の残餌が固着している場合とが有ります。

今回WB22ブラッドのエラ呼吸がやけに多かったので③及び④に効果のある薬浴を実施しました。
イソジンでも問題無いと思いますが、たまたまホルマリンが残っていたので今回はこれを使いました。

エラ消毒

水槽水位を5cm位に下げ、ホルマリン2CCを希釈した温水を分散する様に混ぜ、30秒後全換水しました。
(換水する水は極力こなれた塩素が殆ど無い水を使用)

そうするとエラの呼吸数が約1/2となり、楽に呼吸をしている様に見えます。

<エラ消毒前>呼吸数3.1回/秒



<エラ消毒後>呼吸数1.9回/秒




薬浴直後なので呼吸が速い魚も数匹いましたが、呼吸数がゆっくりとなりました。

個人的な見解ですが、過密水槽で飼育している幼魚は細菌性や残餌の影響で高確率でエラ呼吸が通常より早くなるケースが有り、放って置くと食欲が無くなり、黒化し体調を崩したりすると感じています。

呼吸が速い場合は病気以外の環境要因も有るので、神経質にエラ消毒をする必要は有りませんが上記の場合も有るのでよく観察した上で必要と判断した時のみエラ消毒する事をお勧めします。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)



23:37  |  【水槽学】  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2018.04.12 (Thu)

初♂ブルブル

これは洗濯室側にある4水槽です。

この内左下のペアは孵化実績(たった1匹)が有りますが、上の2ペアの孵化実績は全く有りませんでした。
♀は卵を産むのですが、♂が傍観しているかジャマをしているかのどちらかで参加していませんでした。

洗濯室4水槽

所が本日プチ換水後観察していると上の2ぺアの♂達が初めて産卵筒を突きながらブルブル体を震わせていました。
♀の産卵行動に先んじてこのような行動を起こしたのは今回初めてです。

下の動画ではカメラに寄ってきてしまいその様な行動は撮影出来ませんでしたが、今回は少し期待しています。(^^)

※例によって1080Pの解像度で見て頂ければ幸いです。


にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)

23:36  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT