2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2016.02.07 (Sun)

餌作成用スリ鉢購入

もう10日以上前の事ですが、餌を作る為にスリ鉢を購入しました。タナゴ釣り用ですが、ディスカスハンバーグへ混入する各種ビタミン、栄養素、酵素類の混ぜ合わせにも使えます。
スリ鉢は直径12cm位の手頃な物ですがスリコギ棒が見合った大きさの物が売り切れとの事で大きい物を購入しましたが、これがBINGO!5回位回すと棒の底面積が広いのでほぼほぼ細かくスリ潰せます。

スリ鉢
すり鉢購入

このスリ鉢にこれらの餌を適量混合して入れます。
(餌はこの他に2種類を別ブレンドする場合が有ります。)
因みに出来上がった物は右下のエサ入れに、余った分は左下の円筒形保管箱に入れます。

餌使用例
餌使用例

スリ鉢で餌を細かくするとこんな感じです。
こうすると50回位練る手間を省き、針への餌付き量が安定します。

使用した感じ
使用した感じ

P.S.
たまに思うのですが、タナゴもディスカスも魚類繋がりなので、エサ作りや水槽飼育等は共通する原理や参考となる情報が多いと感じます。渓流釣りもしかりです。春以降のカネヒラ釣りは渓流釣りテクニックが生きて来ると考えています。考えているだけですけどね~。( ̄▽ ̄)


 宜しければクリック願います。 (^^)  
 にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
00:32  |  【プチタナゴ釣りテク】  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.02.04 (Thu)

回転トップ化


タナゴの釣り竿穂先に良く糸が絡まっていました。
そこで、穂先トップを回転式に変えた所、当然ですが糸の絡み付きが無くなり操作性が飛躍的に向上しました。

回転トップ化
回転トップ化

茨城県竜ヶ崎市にある“増山つり具店”に竿を持ち込めば800円位で直ぐ仕立ててくれます。
この店は自宅から車で30分前後で行けるタナゴ専用釣り具が置いてある店で最近良く行っていますが、簡易的な物や最新カタログに載っている様な物は近くの上州屋さんで入手し、専門的な道具は増山釣具店に行く、と使い分けしています。

P.S.
その内、この店の紹介をしたいと思います。(^^)

 宜しければクリック願います。 (^^)  
 にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村
23:11  |  【プチタナゴ釣りテク】  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.01.26 (Tue)

針研ぎツール導入(^^)


針研ぎと言っても私の目的は口を傷付けずに釣る為なので、返し部のみの研ぎです。

たまに美しいタナゴを観賞用に持ち帰る為なのですが、それならスレ針使えば良いのでは?と考えましたが、実際に使って見ると当たりが有っても針掛りが悪いのです。

おんや~?(出た!忘れた頃に久々のおんや~。(;^ω^))乗らないな~。と思って従来の針と比較すると、単に返しが無いだけでは無く、針先が2倍近く長いのです。
大物なら掛かるのでしょうが、小物、中物は針掛りの確率がグンと下がります。

そこで、従来の針の返しを研ぐ事にしました。
基本的に返しを無くせば良いと思い、100均で爪手入れ用品を代用し返しを無くした針で釣ってみましたが、下記二点の欠点が出ました。

 欠点①:バラシが多い。(針先が短いのに返しが無いので魚が外れやすい。)
 欠点②:餌持ちが悪い。(正確に言うと餌を付ける量がコントロールしにくい+餌が直ぐ落ちる。)

と言う事で、餌持ちが程々で且つ魚の口を傷付けない程度の微妙に返しを残す研ぎが必要と感じたので今回ホームセンターでヘッドルーペを3,000円位で購入しました。

ヘッドルーペ
ヘッドルーペ-1

ヘッドルーペ-2

2枚重ねる事が出来るので理論上9倍位の倍率が出ます。

しかし、色々試した結果、私はヘッドルーペ3.5倍×100均スタンドルーペ2倍=7倍でLED点灯しない場合が最も釣針返し部が見易いと分かったので、取り敢えずこれで“極”の返しを微妙に残す様に研いでいます。

寒いですが、昨日晴天の時間帯に試し釣りをした結果、バレも少なく1.5cm位の小さいタナゴも釣る事が出来ました。
針外れもスンナリと行きます。

これだね!(^^)

暫くこの研いだ半スレバリで行きたいと思います。

 宜しければクリック願います。 (^^ゞ  
 👇
 にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ

にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村
00:15  |  【プチタナゴ釣りテク】  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016.01.22 (Fri)

【プチタナゴ釣りテク】鯉対策

私の習得したタナゴテクは、皆様にとって実は常識的な事かも知れませんので過去のジャンルで書いた記事を含め表現を【プチタナゴ釣りテク】と改めさせて頂きます。

今日は、鯉対策 についてです。

タナゴ釣りをしていると鯉等が掛かってしまい仕掛けや穂先ごと持って行かれる場合が有りますよね。
(私はまだ有りませんが知っている方が巨鯉に穂先ごと持って行かれました。(;^ω^))

先々週私も70cm位の鯉が掛かり幸い外れましたが、先週からこんな対策を取っています。

(旧)ハリスのちち輪をハリス止めに掛ける→(新)ハリスの後端を一回結び、そこをハリス止めに掛ける

ハリス止めを拡大して見ると、1の所はヘミング曲げをしていますが、通常のヘミング曲げでは無く、僅かにクリアランスが有ります。

もし、通常のヘミング曲げなら、私はハリスの後端は何も処理せずにハリス止めに通し、金具両脇からの圧接力及び摩擦抵抗の力で、荷重が軽いタナゴが掛かったら外れず、荷重が重い鯉が掛かったら外れる様にしたでしょう。

しかし、実際には僅かにクリアランスがあるのでハリス後端に結びを作り、ストッパーの役割を持たせないとすっぽ抜けてしまうのです。

ハリス止め

これ(僅かなクリアランス)は、市販の糸付き針のハリス等ちち輪が付いている場合の方が多いので、2 の部分をちち輪が通過し、ハリス止め後端迄止まった事を分かり易く知らせる為に、メーカーはハリス止め後端にクリアランスを設ける事によりクリック感を持たせたのだと思いました。

とにかく、これにより先週の釣行で又鯉が掛かったのですが針(+ハリス)を取られるだけで事なきを得る事が出来ました。(^^)


 宜しければクリック願います。 (^^ゞ  
 👇
 にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ

にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村
00:14  |  【プチタナゴ釣りテク】  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2016.01.17 (Sun)

【プチタナゴ釣りテク】釣魚撮影用トレイ & BV7成熟中

釣魚撮影用トレイ

以前100均のシュガーケースに物差しを貼り付けて自作の魚撮影ケースを作りましたが、黒いトレイに薄く水を張った状態で魚を撮影した方が綺麗に撮れると言う事を聞いたので適当な物が無いか又100均に行って来ました。

現在使っている撮影ケース
20151021 100均

そうすると、プラスチック容器コーナーよりも食器コーナーに、これは!と言うものが有りましたので購入しました。

これは!と思ったミニ重箱
釣魚撮影用トレイ

早速、型の小さいバラタナとカネヒラを入れてみました。
ピンボケしましたが、使い勝手も良く良い写真が取れそうですので、明日試しに実際に使ってみたいと思います。(^^)

試写
試写

BV7成熟中

昨年調子を大分崩したBV7もやっと徐々に成熟して来ました。
薄いグレーの様な体色でしたが徐々に青くなり、眼も黒かったのが赤く変わって来ました。たまにブラックアーチも出しています。
これは・・・輸卵管かな~。WB39も♀♀ペアの様だし、♀が多いかな~。(;^ω^)

NO,2BV7とNO,3WB39は雄っぽいので今後観察して行きたいと思います。

BV7成熟中

 宜しければクリック願います。 (^^ゞ  
 👇
 にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ

にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村
00:17  |  【プチタナゴ釣りテク】  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT