2015年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2015.06.30 (Tue)

NEO WING A さん訪問記 & セパレータが必要な理由

NEO WING A さん訪問記

6/27(土)、思い立ちNEO WING A に行って来ましたので、その様子を掲載します。

お店に入ると、直ぐ左手にいるWB22幼魚が迎えてくれました。

おーっ!綺麗だのう~!(^^) これでも残ったハネダシとの事ですが、健康な魚です。
この魚達は“ブルー系ディスカスと猫”のブログでお馴染みのBNRさんちへ行く様です。

WB22幼魚


入って正面にはWB22ペアが3ペアいます。
これはごく最近ペアリングした若いペアです。
行った直後は無精卵が産卵筒に着いていましたが、見る見る内に食べてしまいました。

♂は申し分無い体型と稚魚が付くのに十分なサイズで、その後♀にモーションをかけていたので、今回はお互いのタイミングが合わなかっただけで次回は期待出来るのではないかと感じました。

WB22若ペア


その上段水槽にいるペアです。
♂はもう五歳と言っていましたが、まだまだ使える感じで私の家にいる幼魚もこのペアの仔達です。(^^)

WB22ペア


これは、WB39ブルーベルベットの若魚です。
多分生後9ケ月位だと思いますが、良好な成長具合で綺麗な色が出ています。
(この画像の上の魚を覚えておいて下さい。)

WB39ブルーベルベット


動画は赤っぽく映っていますね~。




実は自宅の水槽にいるWB39が成長し、♂だと思われるのでWB39が売り切れてしまわない内に丁度良い♀を購入しに来たのです。
暫く観察し、先ず輸卵管の形を有している2匹から、好みの魚を選び自宅に連れて帰りました。
上の画像の魚です。
(下記はその魚を掬った画像)

その魚


セパレータが必要な理由

計画では現在いる2ペアに対し、WB39ペアで3ペアになるので、大きいペア(JWS♂&BV7♀)を45サイコロ水槽に移し、60cm水槽をセパレータで区切り、そこにJWS若ペアとWB39若魚ペアを1ペアずつ入れようと考えていました。
これがセパレータを必要としていた理由です。

しかし、現実にWB39多分♀を持ち帰った時に考え直しました。
それはJWS若ペアが早くペアリングしてから成長が鈍化しているからです。

多分その理由は、
①.(早く)成熟したので、それ以上成長しない。
②.水温が低く新陳代謝が落ち成長が鈍っている。
等でしょう。

いずれにしても、このサイズからあまり成長しないと稚魚を上手く育てられないと判断し直し、現在WB39(多分♀)はWB39(多分♂)と共に混泳水槽で先ず成長させる事にしました。

<今後の予定>
生後1年以上経過し、それなりのサイズになってからペアリングさせたいと考えています。

↓クリックして頂ければ 幸いです。 (^0^)
にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ




スポンサーサイト
00:16  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2015.06.28 (Sun)

こうDIYディスカス仕切り板 & NEO WING A さん訪問記掲載予告!

こうDIYディスカス仕切り板

一昨日になりますが、ある目的があってディスカス用仕切り板が欲しいと思いました。

しかし、ディスカス業界はバブル崩壊後の影響で生体屋さんが少数生き残っているのみで、以前あった専用用品は殆ど生産されていません(市場が急激に萎縮して経営が成り立たなくなった為)

私が知っている限りでは産卵筒メーカー1社、ディスカスアミカバー1社、ディスカス用仕切り板0社(今存在するのは昔の在庫)の認識です。

と言う事で自作してみましたので、今日は手順をご紹介します。

【ディスカス仕切り板作成手順】

<手順1;ホームセンターに行き手早くあのアンちゃん店員を見つける>
20150628‐アンちゃん店員を呼ぶの図

これが一番大事!(;^ω^)


<手順2;これはと思ったロール材をあんちゃん店員に切り売りしてもらう>

自宅に帰って更に水槽内寸を測定(43cm)し、両側吸盤取り付け代(2cm)を加味し、ロール材を所定の寸法(41cm+α)にカットする。(あのエンジニアリングハサミ重宝しています。(^^))

<手順3;両端に吸盤を付ける。>


ロイヤルホームセンターに売っていましたが、エアホース等に巻き付けて使用するタイプの吸盤を見つけましたので、これをチョイスしました。(^^)

<手順4;全部で6個の吸盤を付け、完成>


ここで、本当は水槽にセットして使用している画像を撮ろうと計画していましたが、再考し又の機会にしました。

その再考した理由とは・・・・次回に続く。( ̄▽ ̄)

P.S.
次回はNEO WING A さん訪問記掲載予告!

↓クリックして頂ければ 幸いです。 (^0^)
にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ

22:29  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

2015.06.26 (Fri)

iPhoneが・・・(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

今朝いつもの様に胸ポケットにiPhone6+を入れ、急いでいたので走っていたら、珍しく胸ポケットから飛び出し、下のコンクリート面に丁度ガラス面が平行になる様に落ちました。

大丈夫だろうと拾うとこんな感じになっていました。( ゚Д゚)

こんな感じ
20150626 iPhone落とした

おー!!!なんでー!!!カバーが付いてフィルムも貼って有るのに。

と思ってよく見るとカバー側面はガラスの面迄高さが無くカバーしている効果が無かった様です。
他の人のカバーを見るとガラス面より高い設定になっていました。

教訓
カバーを購入するときは、ちゃんとガラス面迄の高さ以上に側面の高さが有るか確認してから付けましょう。(;^ω^)

今日は以上です。

P.S.
しばらくラインや電話がうまく繋がらなくなるかもしれませんので宜しくお願いします。(;^ω^)

↓クリックして頂ければ 幸いです。 (^0^)
にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
23:50  |  その他  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

2015.06.25 (Thu)

WB39 二匹 何故♂だと思うのか?

現在WB39ブルーベルべットは二匹存命しています。

大きさに差が出来てしまいましたね~。
手前は多分いや多分に♂だと思っていますが、奥の方はまだ特徴が出ていませんので不明です。
同ロットでこの差があるのは、奥の魚が♀の可能性が高いと思いますが、私は成長不良の♂だと言う感触が有ります。

20150625WB39 2匹

私はどちらかと言うと輸卵管や輸精管を見て雌雄を判断しているのですが、それが出ていない時は全体の形状、特徴や仕草で雌雄を感じる時が有ります。

物事は何となくこうだと感じるのは所謂“感”なのでしょうが、ただの感も根拠が実はあるのではないかと思うのです。

例えば奥の魚は♂だと何故私は感じるのか。あえて理由を列挙してみます。

理由1.顔付きが鋭い。(やはり♀は優しい顔をしている。)
理由2.小さいのでフィラメントも伸びていないが、もし伸びているとすれば全体的に♂に見える。
理由3.小さいのは成長不良。♀だからとは限らない。
理由4.他魚を突く仕草が♂っぽい。

ただの感で何かを判断していると思っても、意外と幾つかの判断基準が自問自答すると出て来ます。
そしてそれを列挙すると意外と正しい判断項目と、正しくない判断項目が見えて来て、正しくない項目を削除するか、修正すると、全体としてより確度の高い答えが導き出せるのかもしれません。

20150624その後のBD
にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)  



23:30  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑

2015.06.24 (Wed)

その後のセレクトブルーダイヤ


2014.11.08ブルーダイヤ幼魚50匹中BESTな形(WB22、YL-15、CH-27、ブルードリーム初期型に共通したストレートラインに近い額)を持った3匹をセレクトしていましたが、現在はどんな感じになったでしょうか。
(ちなみにこの魚はRyuさんも注目してくれていた魚でしたね。)

一匹は×になり現在は2匹存命しています。
年齢は生後9ケ月位になったと思われますが、それなりに楽しめる様になって来ました。
16cm以上には育てたいですね~。



WB39も映っていますが、やはり特に頭の周辺の青が他の魚より濃く輝いています。
この種特有の色合いですね。

この魚を見る度に思います。『あんた。♂だよね。(。´・ω・)?・・・返事するよーに!<(`^´)>』
これも生後9ケ月位かな?
もう二回りは大きく育てたいと思います。

20150624その後のBD
にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)  
22:55  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(11)  |  EDIT  |  Top↑

2015.06.23 (Tue)

面白い表現形

今日は遅く帰っていてバテ気味なので、アミ作成は別の日にします。(;^ω^)

代わりに面白い表現形を紹介します。

何の変哲もないじゃないかと思われるかもしれませんが、ブルーダイヤWB22と3/4WB39の間に2匹だけこの様な表現形の1/2SFB2がいます。
WB22のベタ青と3/4WB39のバーチカルが入った表現と比較するとマダラに青く且つバーチカルが出ないこの表現型は実物を見ると美しくも有り面白いのです。

この体表の模様から察するとLサイズになる頃にはべた青になるかもしれませんが、それ迄の成長の過程での変化を楽しみたいと思います。



↓クリックして頂ければ 幸いです。 (^0^)
にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ

23:47  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2015.06.22 (Mon)

第三回人工飼育 & アミ~( ̄▽ ̄)

第三回人工飼育

さあ、稚魚はどうなったのでしょう。
本日の時点でJWS若ペア稚魚は全滅です。

JWS&BV7の稚魚は・・・?
こんな感じです。

こんな感じ


自由遊泳始めました~♪

と呑気な事を言っている場合では無い。
さっぱり卵を突く気配が無い。
今回は駄目そう。(;^ω^)

多分水質か、餌かが問題ですな~。(-_-;)

アミ~( ̄▽ ̄)

あれっこの間産卵筒アミ作ったばかりだよね~。(。´・ω・)? と思う方もいらっしゃると思いますが、このアミは別の用途にさっき思い付きでホームセンターに行って入手して来ました。500円で1m×0.5m分です。

【ホームセンター店員とのやり取り】

私 『店員さん、45cmの長さ分だけもらえますか?』
店員 『50cm単位なんですよ。( ̄▽ ̄)』
店員 『少し大き目におまけしときますね。( ̄▽ ̄)』

って、それじゃ少し小さ目の45cmにやれば出来るだろうがー・・・( `▽´)ノ ガオー!。

しかも小径に丸めまくってクセが付き使えません。
仕方がないので、反り矯正する為壁にピンで留めました。

カミさん 『何やってんの?熱帯魚に使うアミ買って来てなんでTVの脇に飾ってんの!』
私 『ん?インテリアに見えるか?反り強制してんだよ。』
カミさん 『とうとう狂ったかと思ったよ。』

(。´・ω・)?えっ。とっくにディスカスに狂ってるんですけど・・・

20150622-アミ~

↓クリックして頂ければ 幸いです。 (^0^)
にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ

23:09  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑

2015.06.21 (Sun)

第二回人工飼育 & 【番外編】子供用ビール( ゚Д゚)

第二回人工飼育

昨日のブログを一回目とし、人工飼育を連番で紹介して行きたいと思います。
と言う事で今日は第二回目です。

水が合わないのか自由遊泳前に親から離したのでファイニング不足なのか或は給餌が早過ぎたのかJWS若ペアの稚魚は半分程になってしまいました。
今日はJWS♂&BV7♀ペアの稚魚を人工飼育ケースに入れました。
個体数はN=31尾です。

実はJWS若ペアの水槽の水に入れたケースにいきなり入れていますので水質変化影響が出るかもしれません。
がーっ。( ̄▽ ̄)今の所元気に尻尾を振っています。



次のステップ自由遊泳の際に餌をタイミング良く与え、餌付け出来るかどうかが最大の難関です。( ̄▽ ̄)

 【番外編】子供用ビール( ゚Д゚)

今日は父の日と言う事でカミさんが私にモンブランショートケーキを買って来ましたが、子供たちにはなんと!ビールを買って来ました。( ゚Д゚)

選挙権が18歳以上になる話は聞いているが・・・まだ小学生なんですけど。(;^ω^)

20150621子供用ビール

おや?泡とビールが傾けてもこぼれない。(@_@)

『それ何?』
『リンゴのゼリー。』

泡は生クリームの様です。何となくうまそー!

父の日のプレゼント。そっちの方が良かったのう~。(;^ω^) 隣の芝生かな・・・

↓クリックして頂ければ 幸いです。 (^0^)
にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ

22:09  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2015.06.21 (Sun)

【水槽学】産卵筒アミ適正クリアランス & あの方法にトライ!( ̄▽ ̄)


【水槽学】産卵筒アミ適正クリアランス


自作産卵筒を制作するに当たり考えた事は材質を含め種々有りますが、ここでは産卵筒とアミ間の適正クリアランスについて考えてみたいと思います。

クリアランスに影響する要素はどんな物があるでしょうか。言い換えれば網の目的ですが下記二点の相反する要素があると考えます。

①.親魚に稚魚が食べられない事。- - - 稚魚が吸い込まれない距離
②.親魚が面倒みられる事。     - - - ファイニング可能距離


スポイトで例えれば①は吸い込む事、②は吹き出す事に相当します。

<ここで補足>魚が餌を食べれるのは吸い込んでいる為

→人間が食べ物を食べるのと同様にディスカスも餌を上下の顎を動かし食べるのを想像しがちです。
しかし、魚釣りが趣味な人は知っている方が多いと思いますが、実際にはディスカスを含め殆どの魚類は餌の周りの水を吸い込む事により餌を食べているのです。従って稚魚を食べてしまう場合も稚魚の周囲の水を吸って稚魚ごと食べているのです。
卵は付着しているので物理的に突きますが、それとて水と一緒に吸い込まないと口に入りません。

話を戻しますと、例えば水槽の底にゴミがあったとします。

Q1:そのゴミをスポイトで①吹き飛ばすにはどの位近づけば良いでしょうか?
A1:30mm位からでも可能でしょう。

Q2:そのゴミをスポイトで②吸い取る事にはどの位近づけば良いでしょうか?
A2:3mm位以下でないと吸うのが難しい。

その物体に与える影響として①吹き出す場合はそのエネルギーの指向性が高く遠い距離からでも届きますが、②吸い取る場合はその周囲の全ての水、口を中心として円を描いた(実際は球ですが)距離の水を全て吸わないと物体は近寄って来ないのです。

と言う事でアミの設定クリアランス条件①は5mm以上離れていれば問題無いとしました。

次に②ですが、ファイニングしている胸ビレによる水流が近いと強すぎて稚魚が飛ばされてしまい、遠いと水流が届かないので5~13mmが適正範囲としました。

①、②を加味した総合的な適正距離はファイニング適正中央値(平均値ではありません。)10mmとしました。

いつもの仮説検証型では無く、仮説過去の経験検証型になってしまいましたが、今回の自作産卵筒アミはこの辺りの寸法設定を意識しています。
産卵アミ筒適正クリアランス


あの方法にトライ!( ̄▽ ̄)

そうです。人工飼育にトライの事です。

いきなりですが、道具を準備しましたので、その加工手順を以下に記します。

<手順1>プラスチックの板準備


<手順2>こんな形に外形カット(手順が多いのでこの位の粗さで説明します。)


<手順3>グッピーの網タイプ産卵箱を用意


<手順4>先程のプラスチック加工板を入れます。


<手順5>更に両端のミミを産卵箱支柱の内側にはめ込み(稚魚が入り込む)隙間を無くします。


<手順6>水槽の水位の位置に安全ピンを留めます。


<手順7>あの品川で作成した冷凍半熟&茹で卵MIXを取り出します。


<手順8>電子レンジで適量解凍します。


<手順9>それを安全ピン目安に線上にプラスチック板に塗布し、稚魚をスポイトで移動します。


この動画では3匹位しか見えませんが、JWS若ペアの稚魚が15匹います。
まだ自由遊泳前なので餌は食べませんでした。
以上です。

P.S.
明日は別のペア稚魚について掲載したいと思います。(^^)

長かったのう~。(;^ω^)

↓クリックして頂ければ 幸いです。 (^0^)
にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
01:51  |  【水槽学】  |  TB(0)  |  CM(14)  |  EDIT  |  Top↑

2015.06.19 (Fri)

続々々 『産卵筒に網を被せ隊』出動!


これはJWS若ペアの孵化した稚魚の様子です。15匹位いるでしょうか。
明日なんらかしらの対策をする予定です。
う~ん。今回は稚魚数が少ないのに♀がかなり見守っているので悩むところですが、ここは決断し、あの方法にトライしてみます!



おんや~?( ̄▽ ̄)実は昨晩換水後JWS&BV7ペアも産卵していたのですが、♂が全然参加せず無精卵だと思っていました・・・
がーっ!何か黒くなっている卵が有ります。
見るからに有精卵ですね~???なじぇ?

<仮説1>----一回だけ放精する様な仕草をした時に受精した。
<仮説2>----産卵がほぼ終わった後に放精した。

どちらかだと思いますが、20年前に♂が一回しか登らなかったのにかなり受精した事がディスカス専門誌に書いてあったので今回もそのパターンかもしれません。



このままだと又食べられる。
そう判断した 『産卵筒に網を被せ隊』長女が網を持って出動!あぶなっかしい手つきでアミを被せました。(;^ω^)

20150619-網を被せ隊 長女出動!

どの位孵化するか今後観察します。
あっアイディアが浮かんで来ました。2日後位に実行してみるかもしれません。( ̄▽ ̄)

↓クリックして頂ければ 幸いです。 (^0^)
にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ

23:00  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT