2016年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2016.01.31 (Sun)

新魚エラ病(;゚Д゚)、即治療! & 久々の外部フィルター掃除


新魚エラ病(;゚Д゚)、即治療!

新JWSペアを何気に見ると、ん?♂の呼吸早くね?見ると右側のエラが殆ど開いていません。片エラ呼吸状態。
即治療です!今回はイソジンでは無くWさんから頂いた貴重なホルマリンで薬浴。
短時間薬浴開始。後三秒以上薬浴すると危ない程度のリスキーなきつい条件です。

大丈夫か~。一瞬横たわりそうになり、持ち直しました。

薬浴後

新魚消毒


両エラを使って呼吸しています。薬浴直後なのでまだ呼吸が早いですが薬浴前より呼吸は楽そうです。
動画で両エラが開いている状態を撮りました(下記)が初めてお互いに軽くですがオジギしました。

薬浴後新JWSペア


尾びれにブラックアーチが出ていますね~。
良い事です。(^^)

久々の外部フィルター掃除

気が付けば平日は仕事の帰りが遅く、休みはタナゴ釣りにかまけていて半年間以上全く掃除していなかった外部フィルターを掃除しました。

成魚水槽用外部フィルター
(水槽ラックの中にあるので光量が少なくブレてしまいました。(;^ω^))
外部フィルター1

幼魚育成用水槽外部フィルター
外部フィルター2

いや~、意外とあっと言う間に掃除出来ました。慣れですかね。(^^)
気にかけていましたが、これで暫く掃除しなくて済みます。( ̄▽ ̄)

 宜しければクリック願います。 (^^ゞ  
 👇
 にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ

にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
22:44  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2016.01.31 (Sun)

濾材袋穴の修正プチテク & タナゴ水槽砂色変更


濾材袋穴の修正プチテク

今日水槽掃除をしていると、濾過フィルター等の濾材が入った袋に穴が開いていました。
前はテグス等で縫って修正していましたが、今日はこれです。
ホッチキスでパチ

いや~簡単ですね~。( ̄▽ ̄)
ホチキスはこれより針が二倍大きい奴と二種類があって、釣りや水槽掃除、日常の様々なシーンで活躍しています。
縫う、閉じる、止める機能の代用に使えますよ。

濾材袋穴あき対策

タナゴ水槽砂色変更

今日はタナゴ水槽の底砂を変えてみました。

現在黒色の砂を使用していますが、これは色々情報を集めた所タナゴの婚姻色が出易いとあった為です。
実際使って見ると確かに婚姻色が出ている奴がいますが、魚全体が底砂の色に体の保護色を合わせようとして黒ずんでしまいました。

拡大した画像が有りませんが、特に鱗の輪郭が黒くなり黒い網タイツを被っている様な感じで美しく有りません。

底砂暗目
砂変更前

そこで、底砂をやや明るい色に変更する事にしました。
タナゴの婚姻色が薄くなる可能性が有るので白砂では無く、明るめの少し赤っぽい砂です。

底砂明る目
砂変更後

色合いが実物より大分白っぽくなって写っているので、動画も撮ってみました。



こちらも白っぽいですね~。
多分このLEDライトの光量とスリムタイプ水槽なので光源と底砂迄の距離が短いのでかなり砂が明るく照らされている為だと思います。
体色はイメージ通りになって来ましたが、婚姻色については明日以降確認して行きます。(^^)

 宜しければクリック願います。 (^^ゞ  
 👇
 にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ

にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村

00:29  |  タナゴ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.01.29 (Fri)

濾過フィルター追加によるペアリング促進


JWSペアの隣には、現在新規導入したプレミアムトラディショナルセルーリア♂と正式名称オールドジャックワットレイセルーリア♀を入れています(WB39が♂を突つくので交代)。
(名前が長いので、今後新JWSペアと呼ぶ事にします。)

観察すると少し怯え気味だったので対策としてタナゴとエンゼルを同居させた所怯えは少なくなりましたが、その結果酸素を消費する魚の数が増えた為、スポンジフィルター1個のみでは呼吸が早く苦しそうに見えました。

そこで、エアレーションモードに設定した濾過フィルター投入!

e-濾過ですな
濾過フィルター追加

是迄換水しても、何の反応も有りませんでしたが、今回このフィルター投入後ペアに変化が出ました。

新JWSペア
新JWSペア

こんな変化


なんと是迄なんの反応も無かった♀がプルプルし始め、動画では34秒後の所でオジギをしました。
♂は反応が無いように見えますが結構♀と仲良くしています。
先ずはペアリングに第一歩進んだ様です。

そんな時期かもしれませんが、やはり溶存酸素量が増えたせいもあるのではと考えています。


 宜しければクリック願います。 (^^ゞ  
 👇
 にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ

にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村
22:06  |  【水槽学】  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2016.01.28 (Thu)

導電率(電気伝導率)測定結果


この間JWSペアの稚魚が孵化しましたが、導電率(正確には電気伝導率、伝導率と略す場合も有る様です)を測定する必要性を感じたので先程、各水槽を測定してみました。

JWS 2ペア

代表的な水槽の比較として、JWSペア水槽と幼魚水槽の換水前後の導電率測定結果を以下に示します。

①.換水前

JWSペア水槽の値
JWSペア水槽の値

幼魚育成水槽の値
幼魚育成水槽の値

②.換水後

JWSペア水槽の値
JWSペア水槽の値後

幼魚育成水槽の値
幼魚育成水槽の値後

他の水槽も比較しましたが、幼魚水槽を除き換水後の方が導電率が下がっています。
これは換水前にあった導電性のゴミやイオンが換水により少なくなったと考えられます。

しかーし!幼魚水槽だけは換水後何度測っても500ppm(1000μs相当\(◎o◎)/!)以上なのです。
なんで?

他の水槽と異なる幼魚水槽の点は、エアレーションが強い事です。
エアレーションをするとCO2が抜けてPHが高くなる事は知られていますが、各種水質データを見ると硬度が高い水はたまたまかもしれませんが導電率が高い値となっています。

硬度と言ってもGH(金属イオン等の総硬度)では無く、KH(炭酸塩硬度)との関係なのですが、原理的に導電率が高くなると言う事は、導電性の物質やイオンの量が高くなると言う事なのであまり関係無いと思ってしまうのですが、影響しているのでしょうかね~。(;^ω^)

しかし、1000μsなんて見た事無い。塩を換水前は入れたりしましたが、換水後にこんなに高くなるとは・・・
宿題にさせといて下さい。今日は紹興酒飲み過ぎました。
今日は、いや次の日になった。 おやすみなさ~い。(-_-)zzz

 宜しければクリック願います。 (^^ゞ  
 👇
 にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ

にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村


00:35  |  【水槽学】  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2016.01.26 (Tue)

針研ぎツール導入(^^)


針研ぎと言っても私の目的は口を傷付けずに釣る為なので、返し部のみの研ぎです。

たまに美しいタナゴを観賞用に持ち帰る為なのですが、それならスレ針使えば良いのでは?と考えましたが、実際に使って見ると当たりが有っても針掛りが悪いのです。

おんや~?(出た!忘れた頃に久々のおんや~。(;^ω^))乗らないな~。と思って従来の針と比較すると、単に返しが無いだけでは無く、針先が2倍近く長いのです。
大物なら掛かるのでしょうが、小物、中物は針掛りの確率がグンと下がります。

そこで、従来の針の返しを研ぐ事にしました。
基本的に返しを無くせば良いと思い、100均で爪手入れ用品を代用し返しを無くした針で釣ってみましたが、下記二点の欠点が出ました。

 欠点①:バラシが多い。(針先が短いのに返しが無いので魚が外れやすい。)
 欠点②:餌持ちが悪い。(正確に言うと餌を付ける量がコントロールしにくい+餌が直ぐ落ちる。)

と言う事で、餌持ちが程々で且つ魚の口を傷付けない程度の微妙に返しを残す研ぎが必要と感じたので今回ホームセンターでヘッドルーペを3,000円位で購入しました。

ヘッドルーペ
ヘッドルーペ-1

ヘッドルーペ-2

2枚重ねる事が出来るので理論上9倍位の倍率が出ます。

しかし、色々試した結果、私はヘッドルーペ3.5倍×100均スタンドルーペ2倍=7倍でLED点灯しない場合が最も釣針返し部が見易いと分かったので、取り敢えずこれで“極”の返しを微妙に残す様に研いでいます。

寒いですが、昨日晴天の時間帯に試し釣りをした結果、バレも少なく1.5cm位の小さいタナゴも釣る事が出来ました。
針外れもスンナリと行きます。

これだね!(^^)

暫くこの研いだ半スレバリで行きたいと思います。

 宜しければクリック願います。 (^^ゞ  
 👇
 にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ

にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村
00:15  |  【プチタナゴ釣りテク】  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016.01.24 (Sun)

JWS孵化したが\(◎o◎)/! & 各水槽全換水


JWS孵化したが

先日JWSペアが産んだ卵ですが、孵化しました。
しかーし!孵化は3匹位です。
(直後親が無精卵と一緒に食べてしまいました。)

 

この動画を見て気が付きましたが、塵が非常に多くミズミミズの様な物も泳いでいます。(;゚Д゚)

位置的に奥の上の水槽なのでPHだけ確認して勝手に水が出来上がっている筈と思っていましたが、換水量とフィルター洗浄が足りなかった様です。(;^ω^)

3匹分だけ放精はなかなか無いでしょう。
PHはそれなりでも、この無数の塵の具合から察すると導電率は少なくとも300μジーメンス以上となっているでしょう。
又、雑菌も繁殖し卵に悪影響を及ぼしていた可能性も有ります。

各水槽全換水

今日は早速、少し前に買ったマーフィードのフィルター交換後、他の水槽も含め全換水です。



換水すると魚達も気持ち良さそうですね~。(^^)
当面、今後のペア水質は導電率も管理してみます。

 宜しければクリック願います。 (^^ゞ  
 👇
 にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ

にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村
23:02  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2016.01.22 (Fri)

更新(動画追加):驚愕の新魚到着!(;゚Д゚)

本日新魚が到着しました。
実物は予想を上回る上質な魚で、実物の質感が画像では伝わっていませんが、歴代魚の中でも三本の指に入ります。
非常に驚きです。(@_@) まさか、こんな良い魚だったとは。

大袈裟ですが、私の水槽歴史の中で、又新たな時代の到来を予感させる一尾です。

名前は、京都の青の匠さんが作ったプレミアムトラディショナルセルーリアですが、以前所有していたオールドJWセルーリアと顔が似ています。子孫だと思いますが、後で匠さんご本人に聞いてみたいと思います。

プレミアムトラディショナルセルーリア①



ただ水槽に入れるのはもったいないので、試しにWB39のオスっぽい♀(輸卵管から判断)とペア水槽に入れてみました。
WB39は近づいて行くのですが、まだ環境に慣れないせいか又は♂がすり寄って来たと思っているのか逃げ腰です。(;^ω^)
(二匹とも現在は輸卵管、輸精管が出ていません。)

サイズ的にはもう使えそうですが、もう一匹のJWS♀ともペアリング等トライしながら先ずは更に大きくする事を優先したいと考えます。

 宜しければクリック願います。 (^^ゞ  
 👇
 にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ

にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村
23:06  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2016.01.22 (Fri)

【プチタナゴ釣りテク】鯉対策

私の習得したタナゴテクは、皆様にとって実は常識的な事かも知れませんので過去のジャンルで書いた記事を含め表現を【プチタナゴ釣りテク】と改めさせて頂きます。

今日は、鯉対策 についてです。

タナゴ釣りをしていると鯉等が掛かってしまい仕掛けや穂先ごと持って行かれる場合が有りますよね。
(私はまだ有りませんが知っている方が巨鯉に穂先ごと持って行かれました。(;^ω^))

先々週私も70cm位の鯉が掛かり幸い外れましたが、先週からこんな対策を取っています。

(旧)ハリスのちち輪をハリス止めに掛ける→(新)ハリスの後端を一回結び、そこをハリス止めに掛ける

ハリス止めを拡大して見ると、1の所はヘミング曲げをしていますが、通常のヘミング曲げでは無く、僅かにクリアランスが有ります。

もし、通常のヘミング曲げなら、私はハリスの後端は何も処理せずにハリス止めに通し、金具両脇からの圧接力及び摩擦抵抗の力で、荷重が軽いタナゴが掛かったら外れず、荷重が重い鯉が掛かったら外れる様にしたでしょう。

しかし、実際には僅かにクリアランスがあるのでハリス後端に結びを作り、ストッパーの役割を持たせないとすっぽ抜けてしまうのです。

ハリス止め

これ(僅かなクリアランス)は、市販の糸付き針のハリス等ちち輪が付いている場合の方が多いので、2 の部分をちち輪が通過し、ハリス止め後端迄止まった事を分かり易く知らせる為に、メーカーはハリス止め後端にクリアランスを設ける事によりクリック感を持たせたのだと思いました。

とにかく、これにより先週の釣行で又鯉が掛かったのですが針(+ハリス)を取られるだけで事なきを得る事が出来ました。(^^)


 宜しければクリック願います。 (^^ゞ  
 👇
 にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ

にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村
00:14  |  【プチタナゴ釣りテク】  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2016.01.20 (Wed)

JWSペア又産卵しましたが

JWSペア産卵しましたが、又無精卵なんでしょうかね~。

カメラを向けると産卵を中止して下記の様な動画となってしまいますが、実際には♀が昇った後♂がなぞる様に昇っています。
産卵行動は以前より大分進歩して来ました。
卵は200個位、♂の輸精管も十分出ているのですがね~。PHも6.0。

多分これでも無精卵になってしまうんだろうな~。水質がかなり疑わしい。(;^ω^)



 宜しければクリック願います。 (^^ゞ  
 👇
 にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ

にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村
23:46  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2016.01.18 (Mon)

新魚導入予告(^^)

まだ若魚ですが、その体型/イリデセンス/目の赤さに釘付けになってしまいました。

ディスカスを再開するきっかけとなったブルークレストを彷彿とさせる魚です。
むむむっ(@_@)・・・導入せざるを得ない。

実物は1/22金曜日の夜到着予定です。

導入予定新若魚 だいぶ荒削り?( ̄▽ ̄)
新魚導入予告(^^)

今後半年かけて成長、成熟させて使える♂とする計画です。
(勝手に♂と判断しています。( ̄▽ ̄)あぶねー!)


 宜しければクリック願います。 (^^ゞ  
 👇
 にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ

にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村
23:15  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(14)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT