2016年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2016.03.30 (Wed)

OJWS稚魚体着九日目

昨日は水交換もせず、ブログ更新もせず、さっさと寝てしまいました。
その前日があまり寝てなかったせいですね~。(;^ω^)
やはり体が資本なのでしょうが有りません。

今日は、早目に帰宅したのでOJWS稚魚体着九日目の様子をUPします。



なかなか良いでしょう。このBGM。(^^)(←そこかい)
一日一回のブラインシュリンプ給餌の割にはまあまあ均等に育って来ました。

エアレーションはマニアSさんのアドバイスを受け1/3位に絞ったのですが、動画では強く見えますね~。(;^ω^)

観察するとある事に気が付きました。
親、特に♂の目が赤くなく黄色になっています。

発情している時はもっと赤目だったと思いますが・・・血流量に関係しているのでしょう。
もしかすると、稚魚の事を考えても0.5℃位ずつ緩やかに水温を上げてた方が良いかもしれませんね。


P.S.
明日は認知症になった母が特老からのロングショートステイ(英語では有り得ない日本語)から帰って来るので、会津の実家に帰省し迎える準備等をして来ます。


宜しければクリック願います。 (^^) ⇒ にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
スポンサーサイト
22:18  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2016.03.28 (Mon)

OJWS稚魚増えて育っている? & 輸精管/輸卵管の形 part2

OJWS稚魚増えて育っている?

5匹位でも体着しているのでブラインでも孵化させるかと思って帰宅、ブラインシュリンプ幼生を投入すると

OJWS稚魚へブライン投入


えっ?稚魚が増えている!しかも育っている。目視でササッと数えると15匹前後。
黒化していないのでディスカスミルクが出ていそうに見えないが、前回述べた様に少ないミルク量でも稚魚が少ないせいでバランスが取れているのかもしれません。

しかもこのペア面倒見が良いので1日でグンと育っていました。
稚魚はブラインを食べてお腹を黄色くしていますね~。

ん~。このままの数で育ててみよう。幼魚水槽置く場所無いな~。(;^ω^)
何とか工夫しましょう。

輸精管/輸卵管の形 part2

以前ブログで輸卵管/輸精管の形について掲載しましたが、特に♂の輸精管の形が不明瞭であったので本日産卵した新JWSペア
の輸精管/輸卵管の形をアップします。

どうすか?違いが分かりますかね~。(^^)

8♂の輸精管
20160328♂の輸精管

♀の輸卵管
20160328♀の輸卵管

宜しければクリック願います。 (^^) ⇒ にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ


23:52  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑

2016.03.27 (Sun)

【番外編】AM:目の前で交通事故(@_@) & PM:プチ花見


AM:目の前で交通事故(@_@)

今日は定期点検なのでホンダに車を朝預けに来ました。
1時間位で終わるとの事なので、道路際のショールームでコーヒーを飲んでくつろぎ始めた所、
ドッガーン!ズズズー!

と突然大きな音がして道路に目をやると乗用車とワゴンが交差点でハチ合わせし、ワゴンが衝撃で横倒しになり滑っていました。

おっー!(@_@)事故だー! 昨日から腰を痛めてしまったので現場には行けませんでしたが、近所の人やホンダのメカニックの方が救出に行きました。
中には2歳位の女の子がいた様で下記動画ではドアを上から開け、赤い服を着た子を手で吊り上げて救出している様子が映っています。



誰もけが人がいない様子なので良かったー。(^^)
交通事故は交差点で良く起こるのは周知の通りなのですが、尚一層、気を付けねばと思いました。

PM:プチ花見

午後になり、天気が良くなって来たのと桜が開花し始めたので、昼食用にコンビニでサンドイッチや桜あん饅(中華まんの桜こしあんまん)や飲み物等を購入し家族で近くの北柏ふるさと公園に花見に行きました。

20160327花見1

20160327花見2

公園の桜の木はほぼソメイヨシノですが、まだ咲いていません。枝垂れ桜がまあまあ咲いていたので、その下に陣取りプチ花見。(^^)



私は腰が痛いので、タナゴ釣り用折り畳みイスに腰掛け、桜あん饅を頬張りながら花見をしました。

ん?そう言えば花粉が舞っているのに症状が出ない!舌下免疫療法を始めてまだ半年ですが効いているのかもしれません。
以前触れたと思いますが、完治する人が結構いるのと去年から保険適用になったので花粉症の方にはお勧めです。(^^)

花は、来週の方が見頃ですね。(;^ω^)

宜しければクリック願います。 (^^) ⇒ にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ


21:53  |  その他  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2016.03.26 (Sat)

WB22久々 & JWSの青


WB22久々

久々の貴重なWB22の画像です。
大きく美しい方から突然死等で亡くなり(T_T)、これはNO,3位でしょうかね~。(;^ω^)

20160325WB22

成長が遅い方なのでまだまだ繁殖には使えそうに有りませんが、魚類は基本的に(健康なら)成長ホルモンを死ぬ迄出し続ける傾向にあるので健康体にして、SWを入れればまだまだ可能性が有ると僅かな期待を持っています。(^^)
この魚、やる気SW何処にあるんだろ~♪ 押してあげたいの~。( ̄▽ ̄)

JWSの青

少し前の水作りしていた時のJWSの画像を紹介します。

水槽ライトはほぼ白色。
水槽LEDライト

水槽全面茶ゴケだらけの状態で、その茶色が魚体に反射してくすんだ色になる様な気がしますが、何ですかね~。この青さ。

20160320 新JWSペアの発色2
20160320 新JWSペアの発色

換水前なので水が濁りハレーション状態となって写りは悪いですが、それにしてもJWSの青は綺麗です。
WB39も濃い少し緑がかった青さが綺麗ですが、JWSは趣の違う輝く様な青さですね~。
健康体ならではの色だと思うので、この状態をキープして行きたいと考えます。


宜しければクリック願います。 (^^) ⇒ にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ

15:40  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

2016.03.26 (Sat)

モーラスハップ & OJWSペア2の♂復活 & OJWS稚魚体着四日目

モーラスハップ

モーラスハップ?なんだそれ。(。´・ω・)? 新たなウェポン?
いやいや、本日午後腰痛に襲われ医者からもらったシップ薬の商品名です。

これが、是迄購入した市販のシップ及び病院から処方されたシップの中で一番腰痛等に効くのです。
試しに周囲の腰痛持ちの人達にあげた所、是迄のシップの中で最も効くと好評なのに加え、保険適用なので費用は市販品の30%程度で済むので本当にお勧めです。

と言う事で、今日は水交換はしていません。(;^ω^)
  ・・・ あっリンゴは関係無いですよ。(リンゴ曰く 「フジですけど。何か。」)
20160325モーラスハップ

OJWSペア2の♂復活

OJWSペア2の♂復活しました~。(^O^)/ これもマニアSさんのお陰ですね。

まだ、跡が少し残っていますがもう病気は治っていますね。黒かった目も赤目となって餌も食べる様になりました。
毎日赤チンを塗布っていた習慣からか、近寄ってカメラを向けると暗線を出してしまい画像は具合悪そうに写っていますが、実際は健康そうです。いや~良かった。(^^)

3ペアの♂は全て良いと思いますが、このOJWSペア2の♀が餌を爆食いしているせいか他の♀より一回り大きく、より健康的になって来たので卵の質に期待が持てます。
水も出来て来たのでこれから本格的に繁殖にトライですね~。(^^)

20160325OJWSペア2の♂復活

OJWS稚魚体着四日目

おやっ?まだ稚魚がいますね~5.6匹だと思うのですが動画で見ると一応ちゃんと親に付いていますね~。
親が全く黒化しませんが、少ないミルクでも稚魚が圧倒的に少ないのでミルク量/稚魚1匹当りは十分なのかもしれません。
少しずつ大きくなっています。



ん?ブライン要るんじゃね。(;^ω^) こんな数少ない稚魚用ブライン孵化って経験ありませんが。
冷凍ブラインor人工ブライン的な餌で間に合わせるかな~。


宜しければクリック願います。 (^^) ⇒ にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ

00:40  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2016.03.24 (Thu)

OJWS稚魚体着三日目 & 導電率計水没故障に付きブレンド水で換水


導電率計で水質測定の最中に本体の2/3位水に付けたら中の基板(についているIC)が濡れたらしく、ドライヤーで乾燥させても導電率測定器が導電していません。俗にこれを故障と呼ぶのでしょう。(←いや、俗にでは無くても故障です。( ̄▽ ̄))

観パラDをマニアSさん家に置いて来た際に「純水と通常の水をブレンドして水作りした方が良いですよ。」と言われた時に、でも導電率を測定した純水を溜池大王で貯めて置き、水槽や通常の水とを水槽内でブレンドした方がバラツキが無く調整が比較的容易かな~と考えていましたが、肝心の導電率が測定できないので、結局Sさんの言う通り溜池内でブレンドし、換水する事にしました。

Sさんのイメージと程遠いかもしれません。(;^ω^)

ちなみに後半でOJWS稚魚体着三日目の様子がチラッと映っているので注意して見て下さい。ちょっと大きくなりました。


純水が約30μs、通常の水が約300μsなので、半々にブレンドすると(30μs+300μs)×50%≒165μsと大雑把過ぎる丼勘定の元躊躇する事無く換水開始!( ̄▽ ̄)

導電性の物質が確かに希釈されるのでしょうが、その状態での電気伝導率なので式は知りませんが対数的な感じで多分ブレンドしても上記の式通りにはあてはまらないと思いますが、間違いなく300μs以下にはなっている事でしょう。

早く導電率計調達せねば。(-_-;)

P.S.換水方法補足

今回は3本の大量換水をした為、純水用溜池王子を用いて給水しながらの換水をしましたが、これだと溜池の意味をなさないので、通常使う場合は溜池王子の汲み置き水のみでペア水槽に限定し、1日1本限定で1/3の量/水槽1の換水位として行きたいと考えています。(^^)

宜しければクリック願います。 (^^) ⇒ にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
18:40  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2016.03.23 (Wed)

OJWS稚魚体着二日目


一応OJWS稚魚体着二日目の様子をアップします。



いや~6匹位でしょうか?少ないですね~。(;^ω^)

でも、産卵に適した餌と、適した水質にすれば孵化率及び体着率UPの予感が大いにして来ました。(≧▽≦)

宜しければクリック願います。 (^^) ⇒ にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
22:55  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2016.03.22 (Tue)

OJWSペア稚魚体着


OJWSペアの稚魚が孵化したのが20匹位の稚魚でしたが、先程帰宅し水槽を見たらが少数体着していました。(^^)

体着しているのは10匹位ですかね~。



まあ、しかしこのペアで体着迄行ったのは初めてだと思います。
最も喧嘩が絶えない不仲なペアですが、意外と稚魚が体着してからは喧嘩しないんですね~。

今回は数が少ないのでNGですが、次に繋がる段階に進めたと考えています。(^^)

宜しければクリック願います。 (^^) ⇒ にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
23:46  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2016.03.22 (Tue)

【水槽学】稚魚育成秘密兵器候補 & 現在のOJWS稚魚


稚魚育成秘密兵器候補

前回のブログで上述の名前を挙げましたが、正確には受精率UP秘密兵器候補と言うべきかなとも思いますが紹介します。
因みに候補と言うのは確定していないからですが、現在まさに実験中です。

どんな秘密兵器かと言うとこんなのです。

こんなの( ̄▽ ̄)
20160320稚魚育成秘密兵器候補

えっ!こんなの?(;^ω^)とお思いでしょう。左が候補NO,1アク取り君、右がNO,2みそこしさんです。←擬人化する程この実験には思いを込めています。

<受精率UP秘密兵器候補による受精率UP及び稚魚育成率UP理論:仮説>

毎度大袈裟ですが、この器具により期待しているのは次の二点の効果です。

1)受精時の水流を抑制する事により受精率を上げる。

⇒同じ放精量でも水流が強いと上手く受精出来ない卵が多くなる(と昔から書物にも書かれている)ので、この器具により特にエアレーションにより強い水流が発生する表層部の泡の力を抑制し水流を弱くし、その結果受精率が上がる。

2)溶存酸素向上により稚魚の育成/体着率を上げる。

⇒産卵時~ある期間エアレーションを少なくすると親のみならず卵及び稚魚にとっての溶存酸素量が減るので、そのままにすると稚魚の育成不良や体着率が下がる。そこで、この器具により(産卵時を含む)常時十分なエアレーションをする事により稚魚の育成/体着率が上がる。
(因みに産卵後まめにエアレーションを強くする等しても同じ効果が得られると考えています。)

<検証その1>・・・エアーレーションによる水流が弱くなったかの検証

久々の仮説検証型水槽学となりますが、今回は先ず<検証1>として、器具によりエアーレーションによる水流が弱くなったかの検証を行いましたので報告します。
(尚、別途検証2で産卵~体着迄の検証を今後して行きます。)

さて先ずNO,1アク取り君、右がNO,2みそこしさんのどちらがより効果的かを実験しました。(比較動画は割愛します。)
NO,2が本命と思ったのですが大きな泡が溜まっては表面にまとまって放出され、断続的な強い水流が生じてしまいました。
NO,1はと言うとこれは逆に意外にも泡の力の方向をなだらかに変え水槽壁面に衝突させる事により泡の流れを弱くする事が出来ました。

こんな感じです。


現在のOJWS稚魚

一旦フィルターに移動した稚魚ですが、更にフィルターの90度別の位置に移動しています。
この位置の方が見易いので、又観察結果を後日報告したいと思います。(^^)



宜しければクリック願います。 (^^) ⇒ にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ


00:04  |  【水槽学】  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2016.03.20 (Sun)

【水槽学】純水製造ウェポン設置&溜池王子稼働&OJWSペア稚魚移動&赤チン6日後OJWSペア2の♂

今回はテーマがぎっしり、4つも一度にアップするのは初めてですね~。(^^)
明日とかに分ければ良いのにと思うかもしれませんが、明日には明日の事件や発見が有るので飽きるかもしれませんがアップしておきます。

【水槽学】純水製造ウェポン設置

【水槽学】と言う程でも無いですが、導電率を下げる方法/実践の紹介です。

導電率が低い“純水”を作る方法として、逆浸透膜を使うR/O方式が結構メジャーだと思いますが、実際使って見ると2~3cc/秒の純水しか得られないので用途として常にR/Oを稼働させ垂れ流して使う場合は良いと思いますが、通常の換水の様に比較的短い時間で純水を得たい場合は不向きです。
(家庭用水道圧より高い圧をかけるシステムも有りますがシャワーの様に出る事は有りません。)

そこで今回用いた方法はアニオン(陰イオン)、カチオン(陽イオン)フィルターでイオン交換により純水を得る方式です。
この方式ですと、通常の水交換と同様に短時間に大量の純水を得る事が出来ます。

通常はアニオン専用カートリッジとカチオン専用カートリッジを繋げた二連システム又は先頭にゴミ除去や塩素除去用カートリッジを付けた三連システムを使うのですが、今回はスペースが無いので既存のゴミ除去、塩素除去カートリッジ二連システムにアニオン、カチオンが1カートリッジとなったハウジングを接続するのみとしました。

マーフィード製の三連システムと比較し国内メーカー製1カートリッジのシステムを採用したのでスペースは半分、費用は1/5位で済みました。

これが構成部品です。

これこれ
20160319に工事着手

<手順1>先ず、スペースが限られているので、既存コード、SW類の配線処理をしてスペース確保をします。
20160320ついでに配線処理

<手順2>次に三又分岐接続器具を介し、水が純水フィルターを通す場合(ペア水槽用)と通さない場合(育成水槽用)の配管をします。
20160320純水製造フィルター接続
この純水ハウジングの接続具のネジ穴がφ20のテーパネジでピッチも水道配管規格と異なるので、二度手間となりましたが同じメーカーからジョイントを送ってもらいました。

が、これがまた曲者で何回締め直ししても水漏れがします。
しょうが無いので近くの(あのおばさん達が生息する)ホームセンターでシールテープを追加購入しネジ部に7巻しました。

しかーし!これでも水漏れする。(T_T)

最後の手段!(樹脂ネジ同志なのであまりやりたくありませんでしたが・・・)力に任せて更に強く締める!( ̄▽ ̄)

ん?水漏れしない!やったー。水漏れ対策に延べ2時間以上費やしました。(純水ハウジングが来てから合致するジョイント探しからを含めると延べ4日かかりました。もし購入される場合はこの別売りジョイントも一緒に購入する事をお勧めします。)

細かい手順は色々ありますが取り敢えず純水製造側はこれで完成。(^^)

溜池王子稼働

次に設置しておいた溜池王子(3個セット売りで2480円、バラ売りしないとの事なので他の王子兄弟は台所等で活躍中)に配線処理をしながらヒーター、エアレーションを装着します。



溜池王子にいよいよ純水カートリッジから通水した水を入れると・・・430μジーメンス程もあった導電率はどの程度になったでしょうか。・・・この位です。

この位
20160320溜池王子の導電率

14ppm≒28μジーメンス

この値の溜池王子満杯の純水が得られました。
尚、イオン交換は通水してカートリッジ内イオンが使われ限界点に達するので三又分岐によりペア用水槽分のみの水作りとし、カートリッジはなるべく長く使える様にしたいと考えています。

OJWSペア稚魚移動

実は数日前にOJWSペア(2でないペア)も産卵しており、産卵筒の裏側で白化していました。何日か経過すると卵が無くなっていたので、又今回も無精卵かと思っていましたが、ふとフィルターを見ると・・・



稚魚がフィルターに移動されていました。
何匹いるか分かりませんが、15匹位はいるでしょうか。パッと見の感覚より実際に数えると大抵二倍位なので良く見えませんが数的にはもっといるのかもしれません。

問題は水が出来ていない事です。正確に言うと水はある程度出来ていますが浮遊物が多く、導電率が非常に高い事が今後の稚魚体着に影響してしまう懸念が有ります。
ムツ太郎さんの様にスパルタ教育的に換水するのも手ですね。

ゴミだらけですが、この稚魚に対してはマニアSさんの前回アドバイスとムツ太郎さんテクを加味しこの様にしてみたいと思います。

1)水位を下げる。
2)体着せずウロウロしている場合は水槽ライトを消し、部屋の電気とする(実際には水槽用の暗めのライトでスタート)
3)それでもNGなら溜池王子の純水を混入

赤チン6日後OJWSペア2の♂

徐々に回復していると思います。
この画像撮影後、赤チンを塗布りました。(^^)

水槽が汚いですが、観パラDを投入しているのと水質的には問題無いのでこのまま数日、若干の水追加で完治したか確認し、その後本格的に換水したいと考えています。

赤チン6日後OJWSペア2の♂

今回は長いですね~。お読み頂きお疲れさまでした。<(_ _)>
これ以外に“新JWSペア発色について”と現在考案中の“稚魚育成秘密兵器候補”についてのアップネタもあったのですが、流石に次回に回します。(;^ω^)

宜しければクリック願います。 (^^) ⇒ にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ



12:02  |  【水槽学】  |  TB(0)  |  CM(11)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT