2016年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2016.06.29 (Wed)

OJWS幼魚水槽は空っぽ & タナゴ回転浮き自作


OJWS幼魚水槽は空っぽ

OJWS幼魚水槽は空っぽです。

JWS水槽は空っぽ

タナゴ回転浮き自作

実は、今朝夜が明ける前から右下腹部痛があって会社を休んで朝一病院に行って来ました。

病院で看てもらうと
医者『過去の経緯から大腸憩室炎かと思いますが、盲腸の可能性も有ります。どうします?』
との事

どうしますって(;^ω^)・・・  あなたお医者様ですよね。
でも、私に判断を委ねるんですね。
そうですか・・・それでは、医者になった気分で

ドクターこう 『今日は抗生剤を下さい。それで様子をみさせて下さい。』

と言う事で家に帰り薬が効いたのか断続的な痛みも遠のいたので、持て余した時間で高価な市販のタナゴ浮き(中でも作るのが難しそうな親ウキプロペラ)を真似て自作してみました。

実は今回が二回目のトライです。
一回目のトライで作ったテスト品を知り合いに使ってもらった結果回転レスポンスが良くないと言う事で、今回は羽の角度をひと工夫し魚の引く力を全て回転力に変える様に考えました。

下記画像は市販品と自作の回転浮き(正確にはタナゴ親ウキプロペラと言うらしい)です。
どれが市販品か分かりますか?

タナゴ親ウキプロペラ自作

一番下が市販品です。

それでは、市販品と自作品を水に入れて同時に上下にさせプロペラの回転具合を比較してみましょう。



実際には魚の引きと同じ下へ引っ張る力が加われば良いのですが、そうはいかないので上に引っ張った時の回転具合で確認すると自作品は市販品と同等の回転具合でした。実験OK!(^^)


因みに釣り方はシモリ釣り(ゆっくり沈ませて餌に動きを与え魚の食欲をそそる)なので、沈んでいる最中は回転しない方が良いのでその点も合格です。(^^)

費用は市販品価格の100分の1以下です。

ところでお分かりですか?
何が?(´・ω・)?って感じですかね・・・


少ししか映っていなかったのですが、このOJWSペア2幼魚水槽にOJWS幼魚を今日同居させたのです。
今の所は大きさが違うので容易に識別出来ます。

週末はいよいよOJWSペア2の2ロット目を空いた水槽に入れる予定です。(^^)


にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)








スポンサーサイト
22:02  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2016.06.28 (Tue)

親離れ時期来たる


OJWSペア2の稚魚が結構大きくなって来ました。ペアがまだ黒化しミルクを出し続けているのでもう少しは可能ですが、もう親離れの時期が来たようです。



平日は仕事で疲れているので週末に親離れですな。( ̄▽ ̄)


P.S. - - - 今後のチャレンジ;生産性向上!

少ない水槽スペースで幼魚が4ロット居るのと、通勤往復4時間と言う環境を鑑み、密かに少ない私と言うリソースで、多くの魚の面倒をみる生産性向上?(=面倒を見る魚数/私の負荷)をトライしてみます。(^^)


にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)



22:04  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2016.06.27 (Mon)

新JWSペア稚魚初ブライン


新JWSペアに体着していた稚魚が少し大きくなったので初ブラインを給餌してみました。
(光量が少ないので動いている稚魚は流れて写ってしまっています。(;^ω^))

新JWSペア稚魚初ブライン



食べている様な、いない様な・・・
おっ!食べとる。動画では殆ど分かりませんがお腹も少しずつ黄色くなっているので食べている様です。

順調に行くと、限られた水槽でうまく育てる工夫が必要ですね~。
何とかします。(^^)


にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)


23:14  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016.06.25 (Sat)

冷凍ブライン、生ブライン交互給餌


2ロット目JWSペア2稚魚に孵化したブラインを夜だけ与えていましたが、そろそろ朝も与えなければ間に合わない感じがします。
ペアはよくミルクを出す方だと思いますが、やはり足りない・・・前回朝ブラインを与えていましたが、なんせ通勤片道二時間、いつもより早く起きてブライン給餌しなければなりません。

ただでさえ睡眠4時間の日々、何か良い方法ないかな~?(-_-;)

と、言う事で安直に思いつきました。
そうだこれを与えてみよう。

と言う事で、与えてみました。



おっ!食べとる。(^^)
孵化したブラインに勝るものは無いと思いますが朝はこれで乗り切らないと体が持ちません。(;^ω^)
暫くはこのパターン:朝⇒冷凍ブライン、夜⇒生ブラインで通したいと思います。


にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)







22:58  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2016.06.23 (Thu)

初:新JWSペア稚魚体着


今朝見ると新JWSペア稚魚が自由遊泳を開始していて数匹体着していました。
そして先程水槽を覗いてみると

新JWSペア稚魚体着



体着していました。(^^)
是迄も数匹体着した事はあったのですが、まとまった数で体着したのはこのペアではお初です。
♂のポテンシャル、♀の血統から推測するとかなり良い魚が出るのではと期待しています。


にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)


22:23  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2016.06.22 (Wed)

新JWSペア稚魚 団子化


約50匹孵化した新JWSペアの稚魚達ですが、団子になって来ました。

新JWSペア稚魚 団子化

このまま上手く自由遊泳~体着と行きたい所ですが、ペア水槽の中でもこの水槽の水作りが今一つなんですね~。(;^ω^)
それが少し不安要素です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)


22:05  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2016.06.21 (Tue)

環境対策効果?新JWSペア稚魚孵化約50匹

この新JWSペアの♂が若いせいも有り、一度も稚魚が育った事が有りません。(;^ω^)
しかし、今回はこのペアにしては是迄で最も多い約50匹の稚魚が孵っています。

新JWSペア稚魚孵化1

体色も黒化しつつ有りますね~。(^^)
しかし、下の画像を見ると稚魚は30匹もいないのでは?と思うのですが、数えると約50匹いるんですね~。

新JWSペア稚魚孵化2

今回は水槽側面を覆い、あまり人の影響を受けない様に環境対策を実施したので今後の体着に期待してみる事にします。(^^)



にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)
22:39  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016.06.20 (Mon)

お気に入りの幼魚


OJWS幼魚も少しずつ大きくなって来ました。

OJWS幼魚

ピンボケですね~。(;^ω^)
所詮バカチョンカメラなので、自動で合わせる焦点が後にいる成魚エラ蓋部に合い前面にある魚体がピンボケになっています。

幼魚群の中でも今一番お気に入りなのは、このOJWS幼魚です。

お気に入りの幼魚

お気に入りのOJWS幼魚(ピンボケ)

これもピンボケで後ろのヒーターにピントが合っていますね~。(;^ω^)
気に入っているポイントは一言で言うと全体のバランスです。

因みに早くもベタ青になる予感のする幼魚もいます。(画像奥の個体)

奥早くもベタ青の予感

余談ですが、私は幼魚は虫食いやストライプで、徐々に成長と共に青で埋まって行く変化を楽しみたいと言う一方で、早期からべた青になる若魚も好きと感じる場合が有ります。

その理由を自己分析すると、ベタ青と言う無地が好きなのでは無く、その個体が全ての個体の中で一番イリデセンスが美しいからだと思います。(勿論全体のバランスが取れている前提ですが)

青系成魚水槽で虫食いやストライプの好きな方でも、ベタ青の美しい個体にハッとさせられる事が有るのでは無いでしょうか。
多分それは青一色の無地が良いと感じているのでは無く、全ての個体の中で一番イリデセンスが美しいからだと思います。

ベタ青群の中にいるストライプ系個体のイリデセンスが美しければ、逆にそれが一番綺麗だと感じるかもしれませんね~。(^^)


にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)






22:36  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2016.06.19 (Sun)

自動給餌器ざっくり補修

水槽掃除していたら、自動給餌器の餌貯め容器に手が接触し、次の瞬間水に落ちました。(;゚Д゚)
あ~。やっちまった。容器内餌は使えないな~。内部も乾燥させなきゃ。

以前BV7稚魚を育てていた際も同様のミスをした事があるので、掃除の際には容器を外してから行っていたのですが、今回は私の怠惰で面倒なので触らない様に掃除していました。
しかし、掃除に専念しているとやはり容器に手がぶつかってしまうんですね~。駄目でした。(-_-;)

水槽掃除中に・・・

しかも、今回は餌が出る所の蓋を壊してしまいました。
蓋止めをする為容器本体の両側から出ている軸の左側と、蓋の軸が勘合する左の穴が破損してしまったのです。

壊しました

う~ん。3個目の自動給餌器から容器だけ外して使うか。
と思ったのですが、機能を考えると容器本体と蓋を皮一枚で繋げていれば良いのかなと思いセロテープで繋げました。

補修完

さて、本当に使えるか実験です。



実験終了。一応使えそうです。( ̄▽ ̄)

人工餌の食いが良くないので、餌の粒径も一回り落としてみました。
その効果も出れば良いのですが。(^^)


にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)


19:08  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016.06.19 (Sun)

OJWSペア2稚魚初ブライン給餌(2ロット目)


かなり体着してから遅めですが先程2ロット目のOJWSペア2稚魚に初ブライン給餌しました。

照明が暗いので動画が粗い感じがしますね~。
食べているのかいないのか分かりませんが、食べていました。(^^)



今回は数が前回より多く、私的にはこの位の数が育て易く良い感じです。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)


00:23  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT