2016年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2016.10.31 (Mon)

【水槽学】過密飼育方式 V.S. 適正数飼育方式

一般的には、魚のサイズアップに合わせて1水槽当りの魚体数を少なくした方が良いのでしょう。

しかし、現在私の水槽ではその一般的な方式では魚体のサイズにバラツキが出来、調子の悪い魚が次から次へと出ており、二年前の過密水槽(下記動画ご参照;因みに二つの幼魚水槽はBV7一腹分です。)の時の方が均等にすくすく成長していたと感じます。



何方が良いのでしょうか?

結論

実はどちらでも良いのではないかと考えています。
問題は水質を管理出来るか否かでは無いでしょうか。


私の場合

私の場合双方の方式に差が出ているのは、私個人の水質管理方法に依る所の差の為だと考えています。
双方の水質管理実績を比較してみると

<過密飼育方式>
①.換水頻度;1~2回/日
②.濾過;スポンジ+e-濾過+外部濾過

<適正数飼育方式>
①.換水頻度;1回/2~3日
②.濾過;スポンジ+e-濾過

過密水槽だった時の方がまめに換水し、水槽の濾過能力も大きかった。
これの違いかと考えます。

私の場合、現在の適正数飼育方式は数が少ないのだから換水頻度は下げても大丈夫、濾過能力も数が少ないのだから少なくて良い筈と考え、それにかまけて仕事で疲れたからとか時間が無いからとかで本当は今日換水したいのだが明日やろう、明日になったら足し水位で済ませようとしてしまっていたのです。

その事は、魚に対し水質悪化による無用のストレスやエラ病を招き、その結果食欲減退や残餌による縄張り争いをしてしまう事に繋がっていたのです。

対策としては、換水頻度を上げるか、濾過能力を上げるかだと考えます。

集中濾過+水槽にスポンジフィルターが理想ですが、現在の私の環境では換水頻度を努めて少し上げる位が関の山です。(;^ω^)
(ましてやこの環境で過密飼育は致命傷となると思います。)

私の理想的な(私の好きな)方式


環境が変わらなければ出来ませんが、幼魚期に於いては下記の5点理由で過密飼育方式の方が私は好きです。

<理由>
①.過密なので競争意識により食欲が増す。
②.縄張り争いが起こらない。
③.特定の魚だけストレスが生じる事が無い。(例えば弱い1匹だけ集中攻撃される事が無い。)
④.給餌後換水し、換水により食欲が湧くのでまた給餌するパターンとなり魚の成長が早い。
⑤.凄い食欲なので給餌し甲斐が有り、気持ちが良い。


P.S.
若魚~成魚期は適正数飼育方式にならざるを得ないと考えます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)

スポンサーサイト
23:40  |  【水槽学】  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.29 (Sat)

さなぎ粉

さなぎ粉
明日はこれを使って釣りに行きます。

さなぎ粉

釣具屋さんに聞いた情報では、もう販売していないそうです。
にわかに信じ難いのですが・・・

子供の頃釣りキチで(今もですが(;^ω^))集魚剤としてこのさなぎ粉は小学生の頃、良くカゴ釣りの寄せ餌として使っていました。
当時も練り餌が有り、それ自体集魚効果は有りましたが、純粋な集魚剤としては当時これとエビ粉の二種類しかないと思います。

カゴ釣り用のカゴに小麦粉とサナギ粉を混ぜた物を詰め、先の釣針にミミズを付けてハヤ(学名;ウグイ)を釣っていましたが、有る時80cmはあろうかと思われる大きな鯉が掛かり、結局糸切れしてしまったのですが掛かった事が嬉しくて、田んぼで仕事をしている母親の所に走って報告しに行った事等、このさなぎ粉の袋を見ていると思い出されます。

販売終了=思い出が失われてしまう様で何か物悲しさを感じますね~。(-_-)

原料であるさなぎの調達が困難になったのでしょう。
確かに私が小学生低学年の頃迄は養蚕が盛んだった様な気がしますが、現在養蚕をしている人は会津の実家近辺でも誰もいません。

繭を作った後のさなぎは捨てていたので、マルキュウ(餌屋さん)は廃品を商品に変換する素晴らしいアイディアでさなぎ粉を世に出したんでしょうが、もう使えないとは・・・惜しまれます。

P.S.
その後、ググってみたら・・・あれっ?今でも通販サイト等をみると売ってる?
マルキューHPを見てみよう。
あれっ?
さなぎ粉普通に商品に掲載されているし、しかも細挽き、粗挽きさなぎとか言って進化バージョンもあるじゃん。( ̄▽ ̄)

あの店だけ只の在庫切れだったのかな?人騒がせな。(;^ω^)


にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)



23:15  |  その他  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.27 (Thu)

換水時間1/2になりました ♪( ̄ω ̄)


最近換水に時間がかかり過ぎる感じがしていました。
特に以前より給水に時間を費やしている感じがします。

と言う事で、マーフィードスタンダードのフィルターを交換!

カーボン&コットンフィルター
カートリッジ

すると・・・バシュッ!!!ジョー!!!と激しすぎる位水が出るではないですか。(;゚Д゚)

今迄の給水は何だったの?と言う位ジョー!と消防車の放水の様に勢いよく給水出来、真面目な話、換水時間は半分以下の時間で出来ました。
いやー良かった。この分睡眠時間に持って行ける。(^^)


にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)


23:24  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.26 (Wed)

ん!卵どうなった?(´・ω・)

昨日産卵した卵はどうなったでしょうか?
ここからでは良く見えませんね~。

ん?卵はどうなった?

ちょっと産卵筒を回転させると・・・
んー。白化ですな。無精卵だった様です。(;^ω^)

白化していました。(;^ω^)



このペアの組み合わせでの産卵は初めてなので、まあこんなもんでしょ。
次回以降、受精卵が得られるように工夫してみます。(^^)

先ず、あの手ですね。
成功したらその手をアップします。


にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)




23:15  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.25 (Tue)

【産みました】新美JWSペア

リペアリングしたあのペアがやっと産みました。(^^)
問題は♂がちゃんと参加したかですが、見ていないので孵化する迄は何とも言えません。

真面目にどのペアの♂と♀と名付けると非常に長たらしい名前になってしまうので、親バカ的なネーミングですが、新美JWSペアとさせて頂きます。
このペアは超個人的なツボにぴったんこハマって美しいと感じています。

産んだどー!①

体色が濃くなって紫色に近づいて来ましたねー!(^^♪

産んだどー!②



動画もアップしてみます。
静止画より魚の状態が分かり易いですね~。残念ながら卵は真裏に産み付けたのでチョビットしか見えませんが、この♀は多産な方なので期待が持てます。(ちゃんと放精していればですが)

因みにこの陽気なBGMはサマーホリデー(夏休み)だそうです。ちょっと季節外れですが。

孵化するか否か、先ずは明日卵が白くなっていないか確認ですね。

<水槽データ>
・水温;28.2℃
・PH;5.7
・導電率;計測していませんが溜池王子の水なのでそれなりかと

にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)






22:08  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.24 (Mon)

【水槽学】水流対策Part2


以前、受精率を上げる為、フィルター上部に濾し網を設置し、産卵/放精する際の水流を抑制する検討をしてみました。

水流対策その2

結果は、孵化率が低かったので他の要因(放精量が少ない等)も絡み、逆効果か否かも分からない状態です。
ただ、物理的に水流は設置後確実に弱まっているので水流抑制効果は有ります。

最近、リペアリング(この言葉、どちらかと言うと離婚したペアがよりを戻す感が強い(;^ω^))した新ペアが産みそうなので、再度濾し網システムをよく見てみると、泡の半分近くが網を避けて通過していました。(;゚Д゚)

と言う事で、網中央に泡が来る様に赤矢印部を曲げました。(これが水流対策Part2 ←毎度大袈裟です。)

結果は、以前より更に産卵筒付近に与える水流が弱くなりました。

後は、産卵するのを待つのみ。(^^)
結構待っているんですけどね~。次の低気圧が来るのを待ちましょう。10/28(金)でしょうかね~。( ̄▽ ̄)



にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)



22:35  |  【水槽学】  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.20 (Thu)

換水頻度UP! 疲れますなあ (;^ω^)

最近幼魚も大きくなって来ている?せいか水がすぐ汚れてしまうので最近は2日に1回、多い時には毎日換水していますが、通勤往復4時間の日々の中、家族が風呂に入る合間を縫って換水するのは結構大変な作業です。(;^ω^)
まあ、好きで飼っているのでしょうが無いのですが・・・。

最近色んな対策案を考え始めています。



集中濾過システムで毎日楽に換水していた頃が懐かしいですね~。(;^ω^)


にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)




23:28  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.19 (Wed)

OJWSペア2幼魚(最大魚)


今回の幼魚達は新JWS幼魚を除き、サイズ違いのロットを混合させて飼育した弊害でサイズにバラツキが出てしまっていますが、その中で今回最も大きいサイズのOJWSペア2幼魚を掲載してみます。

最大OJWSペア2幼魚

ん~なんか♂っぽいですね~。
まだ分かりませんが。

サイズは目測で7、8cm?位でしょうか。
綺麗な成魚になって欲しいものです。

P.S.
その後に生まれた新JWS幼魚の最大サイズは若干これより大きくなっています。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)
23:00  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.18 (Tue)

久々の釣り風景

なんだかんだ言ってたまに釣りに行きたくなり、釣れるらしい所に探訪に出かけて来ました。
今回は勘であちこち行くのと釣れる保証は全く無いので、一人で行って来ました。

これは大きな沼?湖?の風景です。
手前が一つの沼では無く、人工的に造った防波堤付きワンドの類ですね。

波が静かで岸辺をそっと覗くと小さい幼魚の群れが見えました。
メダカの学校ならぬタナゴの学校ですね。

タナゴの学校
numa

これは、その大きな沼に注ぐ河川その1です。
雰囲気はなかなか良いのですが目的の魚は釣れませんでした。
さっさと次の河川を探しにGo!('ω')ノ

河川その1
kawa -1

次に行ったのはこの川。小川ですね。
餌を垂らすとヒット!小鮒釣りしかの川ならぬ尺ブナが掛かりました。
でかっ!
こんなところに日本人!みたいな驚愕です!(@_@)

キャッチしようとしたら自然リリース!いずれにしても鮒は目的の魚種では無いのでGood byeです。



疲れたので帰路に。
自宅に結構近い所で・・・ギョギョッ!
1年振りに珍しいタナゴが釣れました。いやー、マグレでも嬉しい!(^^)
これが探していた目的の魚です。

マグレで釣れたぶるーな魚
ぶるーな魚


灯台下暗しですね。(^^)

場所が特定出来たので今度は釣り仲間に声を掛けてみようっと!

にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)

23:47  |  タナゴ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.17 (Mon)


今日見てみると新ペア雌雄共にブラックアーチが出ており、体をブルブル震わせています。



今日中に産む?いや~
気長に待ちます。(^^)

にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)


23:00  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT