2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2016.12.30 (Fri)

体着8日目 新Bi JWS稚魚 ブライン給餌

体着8日目の新Bi JWS稚魚ブライン給餌の様子です。

20161230体着8日目





今からカミさんの実家に行き、自分の会津の実家を経由して戻って来ますが暫くいないのでこのペアに任せるしか有りません。

新Bi JWSペア宜しくな!

皆さま良いお年をお過ごし下さい。(^O^)/


にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)


スポンサーサイト
12:28  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2016.12.29 (Thu)

初ブライン給餌 (新Bi JWS稚魚)

もう十分ブラインを食べられる大きさになって来たので先程ブラインを給餌してみました。

<給餌前>

光度が低いのでブレブレですね。(;^ω^)
初ブライン

では動画で、給餌前の様子です。



<給餌後>

給餌後の様子です。
餌を食べている様子が分かりにくいですが、腹がオレンジ色になっています。





にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)



00:58  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016.12.27 (Tue)

新Bi JWS稚魚 体着四日目

日付が変わりそうですが、今日12/26で四日目の新Bi JWS稚魚はどうなったでしょうか。

こんな感じで大きくなっています。
数は裏側にもいるので見た感じより実数は多い様です。



そろそろブライン給餌開始ですね。



にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)



00:11  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2016.12.24 (Sat)

親が隠すので稚魚数不明・・・少ないと思ったが50匹位いる?

そう言えば、今日はクリスマスイブですね。
正月以外にこのクリスマスと最近はハロウィーンも浸透して来た様に感じます。

年末にかけてと年始については、この三つが日本人の楽しみのマイルストーンとなりつつ有り、日本経済的には内需拡大効果も有り良いのではと考えています。
後は各企業が副職OKにどんどん切り替わってくれれば日本の景気が良くなると思うんですがね~。

クリスマスイブ


さて、昨日体着した新Bi JWS稚魚(孵化五日後)ですが、今日の様子はどうでしょう。



稚魚は♂と♀の間に体着しているのですが、親が隠して見せてくれません。
動画の様に♂は稚魚はおろか♀迄も全部隠してしまいます。

30~40匹位かな~と思っていましたが、たまに二匹の空間が見えた時が有り、それを見た時には50匹位に感じました。
下記動画は♂と♀の裏面に体着しているのがまだ映っていませんが、思ったより数はいそうです。



段々後から増えている?
何か以前と同じデジャブなパターンですね。(^^)




にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)





12:30  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016.12.23 (Fri)

自由遊泳の翌朝(新Bi JWS稚魚)

自由遊泳後の翌朝の様子です。

起き抜けに水槽を見たら稚魚が上層の端っこに固まっており、親がスポンジフィルターから上部に突き出している水流対策の網が邪魔そうだったので取り除きました。

一応体着した様ですね。(^^)



OJWSペアの方は・・・ほぼ無精卵の様です。

こちらのJWSペアの方は・・・


次の関門は体着の継続ですね。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)


11:29  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2016.12.22 (Thu)

新Bi JWS稚魚自由遊泳開始 & OJWSペアも昨日産卵

新Bi JWS稚魚自由遊泳開始

つい先程、新Bi JWS稚魚(孵化三日後)が自由遊泳を開始しました。

このペアは前回稚魚が下に落ちても拾わなかった事を踏まえ、今回は自由遊泳迄網を被せてみましたが今の所これが功を奏している感じがします。(^^)

網のせいで自由遊泳前の稚魚が親のファイニング影響が少なく下に落ちず、飛び立った場合のみ親が直接面倒見れると言うこの形態が良い様で少しずつ体着し始めています。
とは言っても絶対数が少ないので上手くディスカスミルクを出し続けるかと言う第二の関門が待っていますが。(;^ω^)




OJWSペアも昨日産卵

因みに昨日の事ですが、寝る前に歯を磨きながら何気にOJWSペアを見ていると何か体色が濃く産卵筒に近い所に定位しているな~と感じ産卵筒の裏を見ると少量ですが産卵していました。

OJWSペアも産卵

パッと見白い粒が目立ち無精卵の様ですが、有精卵もある可能性も有りますので明日の様子を見てみます。



にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)




23:48  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016.12.21 (Wed)

新Bi JWS孵化後2日目

明日はいよいよ自由遊泳の日ですね~。
第一の関門ですね。

明日は家の近場へ出張なので早目に帰宅予定です。
帰ってきたら早速体着の様子を確認し、極力自然に体着させる予定ですが、必要時ケアしたいと考えています。

あっ。Ryuさん、産卵筒の網被せっ放しでも取り敢えず大丈夫ですよ。
自由遊泳迄この状態にするのはこのペアだけの例外的な処置ですね。(;^ω^)





にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)


23:13  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016.12.20 (Tue)

新Bi JWS孵化後1日目(産卵三日後)

今日からこの稚魚については、産卵基準日では無く、孵化基準日に移行してみます。
この方が管理し易いので(例えば次のマイルストーンは自由遊泳の日;孵化後三日なので)。

一応今日の様子もアップしてみます。

新Bi JWS孵化後1日目(産卵三日後)

40匹はいそうですね。



明後日12/22(金)17:00頃~自由遊泳が始まる予定です。
稚魚の絶対数が少ないな~。(;^ω^)


にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)




22:58  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016.12.19 (Mon)

新Bi JWS産卵二日後

一昨日新Bi JWS産卵しましたが、今日帰宅して見たらこんな感じでした。
やはり受精していない。(;^ω^)
前回のブログで記述した通りですね。

新Bi JWS産卵二日後

しか~し、よく見ると黒い粒もあります。
もっとよく見るとこんな感じです。



ん?少数孵化してる。(@_@)早くね!今回の水温は28℃なんですけど。
産卵50時間後位で孵化は早いですよね。(?_?)

そうすると、多分こんな事が考えられます。

二日前気付いた時に少数産卵していましたが、その時点迄は正常に近い産卵、放精が行われ、私が気付いてから♂の気が散ったのでその後の産卵、放精が正常に行われなかった(ペアのタイミングが合わなくなった)。

このペアの♂は私が水槽に近づくと産卵中でも寄って来てしまうので、次回からはそ~っとしておくようにします。
又、目隠しするかな~。( ̄▽ ̄)

ディスカスの孵化したての稚魚はパッと見少なく見えるので、これでも30匹以上はいるかと思いますので、もう少し様子を見たら数えてみます。




 にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
 ↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)





22:03  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016.12.18 (Sun)

【水槽学】産卵後~受精迄の時間と受精率

12日振りに新BiJWSペアが産卵していました。
網を被せようと思ったらまだ産卵途中でしたので暫く観察するとある事に気が付きました。
今回も受精率が悪いかもしれません。

20161217新BiJWSペア産卵



是迄200~300前後産卵した卵が100%近く孵化したオーシャングリーンやBV7の場合と比較すると、決定的な産卵の違いが♀及び♂について二つあります。

1.♀の産卵方法の違い

 ♀の産卵面積がまばらで、一列に生んだ卵が分散している。

 ・孵化率が高い場合は近接した列に次々と産卵するのに対し、産卵する次の列の間隔が空いています。
 ⇒♂の放精量に対する♀の産卵面積が大きくなるので受精率が落ちる。

 ・又、孵化率が高い場合は一列に産んだ卵の密度が高いのに対し、今回は産んだ一列を見ると卵の間隔がまばらです。
 ⇒これは♀の卵が少ないのでは無く、産卵筒に昇る速度が速い為に起こる現象です。
  交互に行う♂の放精タイミングがずれる原因となり、卵の無い所にも放精行動をしているので受精効率が悪くなります。

2.♂の放精行動の違い

 ♀の産んだ直後の産卵列と別の列に放精している。

 ここが、今回フォーカスを当てたい所です。

 孵化率が高い場合は、必ず♂は♀が産んだ直後の産卵列をなぞる様に放精し、それを交互に繰り返していますが、今回の場合は、♂が♀の産んだ直後の産卵列と別の列に放精しているのです。

 ディスカスの場合は特に水中に産卵してから5~10秒以内に受精しないと無精卵になる確率が高くなると考えています。 

 これは明確な数値の実績データは残っていません。あくまで是迄の私の経験に依る物ですが、例えば鮭の産卵は産卵と放精がほぼ同時です。人工孵化の場合は採卵してから暫くして受精させますが、この場合は水中に産卵しているのでは無く、お腹の卵をボールにそのまま入れているので胎内に有る状態に近い為卵が劣化しないのではないかと考えています。

 今回♂には放精量が多くなる飼料を与えているので、受精率が低い場合は特にこの事が関係しているのでは無いかと考えても良いかもしれません。

 要するにうまくペアの産卵タイミングが合っていないのです。
 最近このペアは良く喧嘩するので、そのせいかもしれません。

 対策としては

 ①.喧嘩しない様な良い水質でストレスが無い環境に置く。
 ②.リペアリング
 ③.当て馬を使う(これはその時のみの一時的な効果しか有りませんが)

 等が考えられますが、取り敢えず①を実行しNGなら②の対策に移行しようと考えています。


にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)





01:23  |  【水槽学】  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT