2017年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2017.01.27 (Fri)

極少数稚魚体着(^^;

先程稚魚の自由遊泳が始まりましたが・・・

ウォーリーを探せ的な・・・よく見ないと分からない極少数です。



う~む。今回はNGっぽいですね。(;^ω^)
個人的には100匹孵化位が育て易いので、次回はそれを目標にしたいと思います。




にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)


スポンサーサイト
21:47  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2017.01.26 (Thu)

初赤虫


今日で新Bi JWS稚魚は生後38日目なので、もっと早く与えられたのですが、本日初赤虫を給餌しました。




餌だと分からない奴が多いかも。

まっその内慣れるでしょう。(^^) (今日のブログは三行だけ。(;^ω^))


にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)

22:02  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2017.01.25 (Wed)

帰宅すると孵化はしていましたがーっ。

帰宅してみると、卵が激減していました。
よく見ると黒点が有る卵が・・・受精卵ですね。でも少なっ!(@_@)

うわっ!こんだけ!

暫くして見ると孵化していました。



少ないなー!次回に期待するしかないかな~。10匹位か?と思って数えると25匹前後はいる様です。
ん~。(-_-;)

プロブリーダーなら掃除して次の産卵が順調にし行くように栄養を付けさせる等する所でしょうが・・・
私はただのマニアなのでこのままにしてみましょう。

前回45匹前後で肌荒れしていたので、25匹位が体着すれば丁度良く育てられるかも・・・得策じゃないのは分かっていますが、取り敢えず様子見。( ̄▽ ̄)


にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)




00:07  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2017.01.23 (Mon)

【水槽学】半分食卵 (;^ω^) 何故?

昨晩産卵した新Bi JWSペアですが、本日帰宅後見てみたら半分程食卵していました。(;^ω^)

半分食卵

対策として網を被せます。
今回は網無しで行けるかな~と思ったのですが現状では難しい様です。

網を被せる

【問題】
通常の食卵は全て食べてしまいますが、今回は何故半分残った状態の食卵となったのでしょうか?

【原因】
是迄の観察経過からその原因を特定すると下記2点が主な原因の様です。

①.受精率が低い為。又は、まばらに受精している為。

→白化した卵を取り除こうとする行為はディスカス飼育当初から観察していますが、二十年以上前は現在より受精率が高いペアが多く、白化した数粒の卵を取り除く事が有りましたが、良く観察すると白化した卵に隣接する卵も一緒に吸ってしまう場合が有りました。しかし、所詮200個位の中の5粒程度なので数が減った感じは全くしていませんでした。

 しかし、受精率の低いペアは当然白化する卵を取り除いた分卵を取り除くので例えば4割白化したら隣接する有精卵も食べてしまう確率が多くなり、結果的に5割近く迄無くなってしまいます。

 特に昔は縦一列線上に無精卵が有る場合が有りましたが、最近では分散して無精卵が生じる場合が多く見受けられる様になった感じがします。(斜めに♂が昇る場合等)

 この場合は無精卵が点在するので、列になった無精卵と比較すると(隣接有精卵/無精卵1個当たり)の比率が高くなり、その結果益々有精卵が食べられてしまう確率が増えてしまいます。

②.ペアが喧嘩する為。

→卵を独り占めしたい為喧嘩する際、正常な白化卵を取り除く親の動きを邪魔されたり、暴れて強い水流や直接触れる等して有精卵が剥がれる場合に産卵筒に有る有精卵が減ります。(飼育者が後で気付いて見た場合、食卵したと見えます。)

 因みに②の原因による有精卵が無くなる率は①と比較するとかなり少ないので、①の対策をする事が肝要となります。

【対策】

<暫定対策>網を被せ、食卵を防ぐ。

よく書物に周りの白化した卵に着いた白カビの為健康な有精卵がダメになると書かれている場合が有りますが、実際の観察ではそれにより有精卵がダメになり稚魚が孵化しないと言う事は殆ど有りません。

なので、原因分析、ペアの見極めの為等に網を被せると言う方法は有りだと考えています。

<恒久対策>有精卵を増やす=受精率を向上させる。

これが、最も効果的な王道の対策でしょう。
工夫する必要が有りますが、♀♀ペアで無い限り、環境条件等を整える事で受精率は上がると考えます。

(このブログでも過去に何回か事例を紹介しましたのでご参照下さい。)
http://koudiscus.blog.fc2.com/blog-entry-735.html
http://koudiscus.blog.fc2.com/blog-entry-291.html



にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)








23:29  |  【水槽学】  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017.01.22 (Sun)

新Bi JWSペア産卵 ん~?


1/15のOJWSペアに続き、先程(1/22夜)新Bi JWSペアが産卵していました。

例のごとく遠くから拡大し、洗面所の鏡越しに撮影してみると・・・



んー!(@_@) ♂の昇り方が変ですね~。
フェイクですね。気持ちに体が付いて行っていません。

正常に放精している場合は、この動画に比較し次の点が異なります。

<♂が正常に放精している場合の特徴>
①.ゆっくりと昇る。(この動画の1/3位の速度で、ほぼ一定の速度)
②.産んだ直後の卵の列になぞって直線的に昇る。斜目に昇らない。
③.胸ビレを細かく震わせながら昇る。

多分今回は無精卵率が高いと思います。(;^ω^)

JWS系は毎回は上手く行かないと考えていますが、打率3割位は行って欲しいですね~。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)


22:03  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2017.01.21 (Sat)

換水直後の新Bi JWS稚魚給餌の様子


換水直後の新Bi JWS稚魚給餌の様子です。1/21現在で生後(孵化後)33日目となりました。

ピンボケです。オートフォーカスが前では無く後の魚に合ってしまいましたね。(;^ω^)

新Bi JWS稚魚 換水直後給餌



成魚と同様の形となったら幼魚と呼ぶそうなので、そろそろ幼魚になって来たでしょうか。
順調に育てたいですね~。(^^)


にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)


16:16  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2017.01.19 (Thu)

稚魚喧嘩防止対策実施状況


前回ブログに書いた稚魚喧嘩防止対策として「餌は分散して与える。」と言うのを二つの対策で具現化してみました。

対策①.冷凍ブラインを溶かす。
→起床後ビーカーに冷凍ブラインを入れ、更に40℃強のお湯を入れ撹拌する。

朝飯

対策②.稚魚水槽ライトを24H点灯する。
→ライトは点灯しっ放しでも魚は眠りたい時に休んでいるのと言う事と、無棟藍になる効果が有ると言う実績があるので問題は有りません。

数日この対策を継続していますが、現在の稚魚の様子はこんな感じです。

こんな感じ(^^)




にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)




21:35  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2017.01.17 (Tue)

稚魚なのに喧嘩? & OJWSの卵


稚魚なのに喧嘩?

こんな小さい稚魚なのに良く見ると動画後半に奥の方で喧嘩しています。(;^ω^)
初めて見ました。

何故なら、喧嘩の殆どの理由が餌を独り占めしたいケースなのです。
幼魚期は有り得ますが稚魚はブラインシュリンプが何処にでも漂っているので縄張りを主張する必要がないからです。



【原因】(推定ですが殆ど当たっていると思います。)

これは朝の冷凍ブライン給餌方法が原因と思われます。

朝忙しいので、ライトを点灯してから間もなく溶かさずにブロックのまま数個冷凍ブラインを水に浮かべるので、稚魚が覚醒した段階では既に溶けたブラインが局所的に点在している状態となっているので、餌の奪い合いが生じ、その結果喧嘩する個体が出て来てしまったと思われます。

【対策】

(次のロットからしか効かないかもしれませんが)基本的に餌は分散して与える

原理的には、餌を奪い合う必要が無い広範囲に餌が分散している状態とすれば喧嘩は無くなる筈です。

OJWSの卵

残念ながら無精卵でした。(;^ω^)

残念(;^ω^)

次回に期待ですね。(^^)


にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)



23:52  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2017.01.15 (Sun)

OJWSペア産卵開始 & 稚魚へ冷凍ブライン追加

OJWSペア産卵開始

ふと見るとOJWSペアが産卵を開始していました。

OJWSペア産卵開始

しかし、こちらの姿を見ると特に♂がこちらに寄って来てしまいます。

お腹が空いている訳では無い筈ですが、条件反射でしょうか。下の動画の様に洗面所の鏡越しに撮影しても寄って来くるので、産卵に集中する様、暫くほって置く事にします。

明後日頃には受精卵か否か確認できるかと思いますが、特にこのペアの仔は体型がひし形っぽくなる感じがするので淡い期待を抱いて待つ事とします。



稚魚へ冷凍ブライン追加

新Bi JWS稚魚の数は45匹前後でそんなに多くは有りませんが、食べても食べても足りない感じなので特に休日の昨日、今日は活ブライン給餌の間に市販の冷凍ブラインを与えてみました。



大分冷凍ブラインに慣れていますね~。問題無くパクついています。
是迄の稚魚の中で一番食欲旺盛な感じがするので、今後の成長が楽しみです。(^^)


にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)









22:10  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2017.01.14 (Sat)

久々の各水槽紹介


久々に各ディスカス水槽を紹介します



これは幼魚群の中では最初に生まれたロットのOJWS幼魚ん?若魚?です。
これが最も大きい個体です。

OJWS幼魚

これはOJWSペア2から採れた幼魚です。
体の茶色の基底色が強いのは今も変わりませんが徐々にストライプも出て来ました。
ノーズラインが少し凹んでいますが、急に段差が出て窪んでいる形状では無いので、個人的にはギリギリ許容範囲と考えたいと思います。

OJWSペア2幼魚

ピントが合っていませんが、新JWS幼魚です。

体は決してハイボディでは有りませんが、ハイフィンです。尻びれ基底の線が無ければそれが分かり易いと思いますが、この線でちょっと損した感が有りますね。

因みにこの親は紛らわしいですが、新Bi JWSペアの♂(セルーリアプレミアム)とOJWS♀の仔です。
現在の新Bi JWSペアとは♀(OJWSペア2の♀)が異なります。

新JWS幼魚

P.S.
新JWS幼魚がハイフィンな理由の一つに水槽容量の割に水槽高さが5cm程高い事が関係しているかもしれません。


にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)



17:22  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT