2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2017.09.27 (Wed)

著作権侵害ですと?心外です。(^^)

YouTubeに投稿してブログに貼っていた動画の内一つが
著作権侵害で映らなくなりました。

最初はえー!何何!(?_?)って感じでしたが
こちらのブログの動画です。

http://koudiscus.blog.fc2.com/blog-entry-502.html




ソニーミュージックから著作権侵害があったので日本ではブロックされていますとの事

えっ?オレ使用して良い曲しか使ってねーし。何で?
なんで、なんで、なんで~。どうして、どうして、どして~。

と思ったら動画のタイトルを『決戦は日曜日』としたのが引っかかった様です。

察するにドリカムの『決戦は金曜日』を使っていると おバカなリサーチソフトが引っ掛けたと思われますが、ミスですな。
これでは決戦は何曜日でも著作権侵害になってしまいますね~。

しかし、例えば桜と言う曲名を別の誰かが複数人出したら著作権侵害になる?
カラオケBOXで曲名見ると同じ曲名なんてザラに有りますけど。

いずれにしても時々刻々と出現する新しい情報に対して人海戦術では対応出来ないので、自動的にソフトを使って引っ掛けているんでしょうが、それが正しいのかを人が最終判断するのでは無く、そこもソフト任せになってしまっているんでしょうね~。
大袈裟に言うと人工知能に乗っ取られる危機感を覚えます。

昨日のちょっとした事件でした。(^ω^)


 宜しければクリック願います。 (^^ゞ ⇒  にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ


スポンサーサイト
23:04  |  その他  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2017.09.26 (Tue)

バーチカル有り、バーチカル無し どっちが良い?

これはBV7R多分♂のバーチカル出現した場合の画像

バーチカル有り (2)

これは同魚のバーチカル無しの場合の画像

(ちなみにシミみたいに見えるのは、水槽壁面の苔です。大タナゴの様な模様では有りません。)

バーチカル無し

通常同じ魚の場合、バーチカルが出現している状態(ストレスが有り)の方があまり美しく無いのですがこの画像を見るとバーチカル有りの状態でも迫力があって良い感じもしますね・・・。

現在10数匹しかいないPセルーリア生後二カ月は無棟藍処理(バーチカルが出ない処理)をしたつもりですが、過去のBV7の様に成魚になると薄い体色になってしまうのか、今後の成長と共に確認してみます。
これも楽しみですね~。(^^)

P.S. 蕨の鈴木さんへ

以前頂いたBV7R成魚♂はお蔭さまで二匹とも順調に生育しています。ありがとうございます。
11月頃2ペアの産卵にトライしてみますね。(^^)

にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)


22:37  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2017.09.24 (Sun)

Pセルーリア生後2ケ月及び他の水槽

小さかったPセルーリア幼魚も生後二カ月になり、成長して来ました。

Pセルーリア生後二カ月①

Pセルーリア生後二カ月②

やはり是迄のロットより若干ハイボディですね~。数の管理も大事なんですね。

他の水槽も映っていますが、動画も撮ってみました。
1070Pの解像度で見て頂ければ幸いです。




にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)


23:14  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017.09.21 (Thu)

昨日Pセルーリアペアが産んだ卵は

昨日Pセルーリアペアが産んだ卵は・・・白化していました。

白化

【原因と思われる要因】

今回は♂が産卵筒を昇っていましたが
①.放精していない可能性が60%
②.水質のせいで受精以降のステップ上手く行かなかった可能性が40%
位有ると考えています。

【今後の対策】

<①.の対策>
昨日の画像でよく見ると分かるのですが、♂は少し拒食気味で痩せているので、好きな餌に急遽切り替えた所、かなり満腹になるまで食べてくれました。
取り敢えずこの餌(ハンバーグです)を継続する事で健康体となり、ひいては①の対策になると考えます。

<②.の対策>
これは多分にPHが高目である事が考えられます。
実はこの水槽のPH計は校正を怠っている為、PH表示値と本当の値とのずれが有ると考えられるので、先ずは週末校正を行い適正PHと適度な導電率の水質を作り、再度トライさせてみようと思います。

②の対策は直ぐに取れますが、①の対策の効果が現れるのには約1ケ月を要すると思われますので来月に期待ですね。
(^^)


にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)





21:16  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017.09.20 (Wed)

Pセルーリアペア 産卵にやっと♂参加

先程ふと水槽をみるとPセルーリアペアが産卵していました。

お盆以降三回目ですが、是迄は♂の体調が今一であった為全て無精卵でした。
今回は、一応♂が参加している様ですが・・・なんか力強さに欠けている感じですね~。(;^ω^)

産卵に♂参加



本来なら♂の目の色はもっと赤いのですが、現在は黄色でまだ完全に健康体になっていない様です。

気温が下がって来たのでそろそろ本格的に魚の体質改善とインフラの整備を行いますかね~。
(大した事はしませんが)

にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)


22:17  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2017.09.18 (Mon)

ヒレ先端が赤い奴ほど成長する?

Pセルーリア(生後半年)を見ていると・・・ん?

気付いた事が有ります。

ヒレが赤い奴は大きい?

当然♂の方が成長は早いのでしょうが、それとは別に背びれ、尻びれ端が赤い魚は大きい。(;゚Д゚)

0.1秒後にその理由が分かりました。

自動給餌器に入れている餌の成分にアスタキサンチンが含まれているので、朝晩の給餌以外に人工餌もよく食べている魚程ヒレ先端が(アスタキサンチンにより)赤くなるんですね~。

な~る。
当たり前と言えば当たり前ですね。( ̄▽ ̄)

アスタキサンチンはO3(オゾン)等の有害物質による体の老化や劣化を防ぐとしてサプリでも出ているので、魚にも同様の効果が有るでしょう。と言う事で生後半年位はこの餌で通しています。
(因みに生後半年以降は別の人工餌に切り替えています。)



にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)




21:47  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017.09.16 (Sat)

換水後 & カメラを向けると

換水後

大幅に換水したら・・・
おっ!産む気か?

この大型♀は一度も産んだ事が有りません。
♀の筈なんですがね~。
今回産卵すれば♀確定出来るんですが。

(頭部が白くなっていますが、光の反射です。(;^ω^) )

おっ、産むかな?

産みましたが、何か
産みましたが 何か。


こちらはPセルーリアペアです。
昨日、お盆以降二回目の産卵ですが、♂の体調がイマイチなので無精卵です。

暫く様子を見て、場合によってはこの♂を静養させ、使っていない同じロットの♂と組み合わせする事も考えています。

カメラを向けると

Pセルーリア幼魚、カメラを向けると寄って来ます。



俺に懐いているのか? (^ω^)
と錯覚しますが、餌を与えないと分かるとそそくさと退散して行きます。
ここが、犬や猫等のペットと違う所ですね~。

中には本当に懐いている感じがする個体もいるんでしょうが。

P.S.
連休は台風で何処にも行けませんね~。(-_-;)
釣りの仕掛けでも作りますかね。


にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)


13:17  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2017.09.14 (Thu)

【幼魚体格差対策】赤ちゃん帰りの術

Pセルーリア幼魚は少数のせいも有り強い魚、弱い魚が出てしまいます。

赤虫は数分で食べ切る量を与えており、自動給餌器も回していますがやはり弱い魚が餌を摂取出来ないので体格差が出始めました。
そこで、対策としてブラインシュリンプ給餌を再開してみています。
狙いは、ブラインの圧倒的な数により強い魚も弱い魚も均等に餌を摂取出来る事ですが結果はどうでしょう。



全員、いや全魚?食べていますね~。
小さいのも拒食にならず今の所効果有りです。

サイズが大きくなるとブラインに見向きしなくなるのですが、後一ケ月位は有効な方法かと考えます。
(^^)


にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)



23:32  |  【水槽学】  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017.09.11 (Mon)

何故こうも魅了されるのか 新Bi JWSのホリゾンタル

少し前に掲載したばかりですが、新Bi JWSのホリゾンタルラインが飽きないですね~。
どちらかと言うと個人的にはソリッドブルーのボディに背ビレ尻ビレにラインが残る程度が最も好きな筈なのですが・・・

この個体の模様はまあまあ何処にでもいるTypeですが、少し虫食い状のラインが面白いですね。

新Bi JWSその1

そして、このTypeが私を魅了して止まないのです。

新Bi JWSその2

新Bi JWSその3


ひと昔前は乱れたホリゾンタルラインとして絶対評価されないTypeだと思うのですが、整然としているホリゾンタルライン程高評価と言う昔のブリリアントへの評価基準に対し、大袈裟に言うと世界に全く同じものが無い唯一無二のラインを持つTypeだと感じるのです。

従来の整然としたラインを持つバックのBV7Rも十分良いのですが、比較すると手前のPセルーリアのラインは何か面白い、美しい、飽きが来ないと感じてしまいます。

新Bi JWSその4


にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)




23:53  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2017.09.09 (Sat)

秋に向けそろそろ各ペア活動準備

最近30℃を超える日はめっきり少なくなり、本格的な秋の足音が近づいて来ました。
それに伴い我が家のペア水槽温度もここ数日30℃をやっと切る様になりつつあります。

いよいよ産卵第二シーズンに突入ですね。ペア達も心なしか産卵準備をしている感じがします。
Pセルーリアペアに於いては、夏以降初めて産卵をしました。



後は、私の環境条件がもう少し整えられれば良いのですがね~。
年末には画策した結果が出るでしょう。
上手く行けば良いのですが・・・

にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)

23:13  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT