2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2015.08.30 (Sun)

【水槽学】換水中の給餌


換水していると残餌やゴミを勢いよく食べているディスカスを見かけた事ありませんか?
普段はさほどでは無いのに換水中だけそんな状態の時があるのは何故でしょう。

下記動画は換水中に既に給餌したのと、カメラを近くで構えたので少し怯えているのとで、あまりそうは見えませんが、通常は換水中に給餌するとかなりの勢いで餌を食べています。



結果だけ言うと“食欲が増してる”のですが、何故食欲が増すかと言えば水中の溶存酸素量が増す為です。

私が好きな鮭科の魚は特に養殖技術に関する様々な実験が行われているので、魚類共通項はディスカス飼育に非常に参考になっていますが、溶存酸素が※少な目の場合は、適正溶存酸素量で飼育されている場合と比較して成長率が半分となり、死亡率が16倍となる事が判っています。(出典;さけ・ます資源管理センター技術情報)

※少な目とは、養魚場水槽の流入部から中央付近に対し、排水部付近の溶存酸素量(ざっくりの説明ですが)位の差です。

これをディスカスに応用すれば、死亡させずに成長率が良い個体が得られる事になります。

と言う事で、今後下記2点を順次実験検討して行きたいと考えます。(かなり先の話になるかもしれません。)

①.新陳代謝に影響無い程度の低温(溶存酸素量が増える)飼育の追及。
②.飽和溶存酸素量の環境で、更に魚に酸素を供給する方法の検討

この内、①は以前似たような記述をしましたが目新しい理論では有りません。②については殆ど研究されていないのではないかと考えます。(結果、成長が良い事例が得られているかもしれませんが。)

②に対しする私の仮説は、ディスカス(魚類)は水中に完全に溶けている酸素以外に、泡の粒径が極小な酸素(気体のまま)ならば体内に吸収出来る。と考えています。

具体的には、通常のエアレーション以外にμナノバブル等の技術で極小酸素粒径を水槽内に作り出す事が出来ればディスカスが体内に取り込む単位時間当たりの酸素量が増えると考えています。

ディスカスはその性質から少数だと他をイジメるので幼魚期は過密水槽にする必要がある事と、生息水温がかなり高いので(溶存酸素量が少なくなる)、殆どの成長期ディスカスは酸欠状態であり、自己の血中ヘモグロビンを増やす事で暫定対応している状況では無いでしょうか。

P.S.<ポイント>体型維持しながら大きく成長させられる可能性有り。

 ここで、一つ重要なポイントが有ります。
 私が言っている成長を良くする事になるとは、餌の種類は変えないので育成者の好みの体型のまま大きく成長させる事が出来ると言う事です。丸い体型が好きな方はその形のまま、私の様なひし形が好きな方もそのままの形に更に大きく出来ると考えています。(夢の様な話なので、いずれにしても時間がかかりますが実証して行きたいと考えています。)

↓クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)
にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ

スポンサーサイト
18:43  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(11)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

こうさん、こんばんは(*'-'*)

溶存酸素量が少ないと成長半分、死亡率16倍というのは非常に興味深い内容です。当然ディスカスにも当てはまると思いますので、とても勉強になりました。
こうさんは、こうやって定量的なデータをだせるところがすごいですよね。
ほんとに尊敬します。
ムツ大郎 |  2015.08.31(月) 00:43 |  URL |  【コメント編集】

おはようございます(^_^)

酸素と成長の関係ですか。
真偽のほどはわかりませんが、昔金魚を大きく育てる為に酸素を飽和状態にして飼うと大きくなると聞いたことがありますが…
今でも金魚飼育の器具に溶存酸素を増やすような器具がありますね(^_^)

私が上部を使っているのも溶存酸素の増量が目的の一つです(^_^)
Chan Ryu |  2015.08.31(月) 07:28 |  URL |  【コメント編集】

気体のままだと体表に気泡がつき粘膜分泌過多になりうちの様な過密だと逆によくない事もないてますか?
確かに低温にしてアレコレして成長を抑えて色だけ出す技法がアジアンディスカスでは開発されてますよね?
酸素を二酸化炭素の様に強制的に溶け込ますとかどうですかね?
是非水槽学でお願いします
ゆきすこ( ̄O ̄;) |  2015.08.31(月) 11:08 |  URL |  【コメント編集】

こんばんは)^o^(

興味深い内容ですね。
私はNAMEの通り下手の横好きですが釣りをします。
溶存酸素と潮の流れが餌食いに関係すると聞いたことがあります。
潮の流れは餌を舞わしたり、運んだりするから大事なんだよとも聞きました。
今、サンゴとかでDCファンを使って波を再現するというのがあって
餌を舞うようにすれば食いが上がるのではと考えたことがあるのですが
未実施です。
いつかやってみようと思うのですが・・・

時に水替えの時って糞を片付けたはずなのに水が入った後沈んでませんか?(?_?)
flyfisher |  2015.08.31(月) 22:37 |  URL |  【コメント編集】

ムツ大郎さん、こんばんは。(^^)

ありがとうございます。

私こそ、ディスカスコンテスト優勝したにも関わらず、初心を忘れない姿勢のムツ太郎さんを尊敬しています。(^^)
こうdiscus |  2015.09.01(火) 22:35 |  URL |  【コメント編集】

Ryuさん、こんばんは。(^^)

>昔金魚を大きく育てる為に酸素を飽和状態にして飼うと大きくなると聞いたことがありますが…

そうなんです。観賞魚と言うカテゴライズでは金魚が病気に対する対策や各種技術検討が進んでいるので、金魚に学ぶ事が多いと考えています。
20年位前でしょうか。UVO3(UV光を当てオゾンを発生させる)で金魚が3倍に成長する新聞記事を目にした事が有ります。

O3は一般に毒扱いされていますが、後期反応で過酸化水素水となり、赤血球を活性化させる働きがある事も有るので、先ず金魚飼育に学ぶ所が実は多いかもしれませんね~。(^^)

と言う様な事を、暇な時を見つけて少しずつ覚えようと思います。
こうdiscus |  2015.09.01(火) 22:47 |  URL |  【コメント編集】

flyfisherさん、こんばんは。(^^)

>溶存酸素と潮の流れが餌食いに関係すると聞いたことがあります。

確かに、流れがあると海面や岸際が波立ち酸素がより溶け込むので一理有ると思います。その他の理由として、個人的な感覚ですが、流れがあると魚が呼吸しやすくなるのではないかと考えています。

その内、ディスカスで実験してみたいと思います。

>水替えの時って糞を片付けたはずなのに水が入った後沈んでませんか?(?_?)

水圧が下がり、体内にある物が全て放出し易くなるので糞も新たに出てしまう個体がいます。
これは換水すると産気付く事にも影響していると考えています。発情するのは色々な要因が有りますが、低圧になった事によると言う理由も有ると考えています。(^^)

こうdiscus |  2015.09.01(火) 22:56 |  URL |  【コメント編集】

そう!
オゾン!
使い方に注意しなければいけませんけどね(^_^)
Chan Ryu |  2015.09.01(火) 23:03 |  URL |  【コメント編集】

ゆきすこさん、こんばんは。(^^)

>気体のままだと体表に気泡がつき粘膜分泌過多になりうちの様な過密だと逆に良くないと言う事もないですか?

あると思います! (古っ。(;^ω^))
何事も分岐点や限界点、最適水準と言うのが有ると思いますので、難しいと思いますがそのバランス限界点を見つけられれば良いなあ~と思っています。

>確かに低温にしてアレコレして成長を抑えて色だけ出す技法がアジアンディスカスでは開発されてますよね?

それは知りませんでした。(^^) 成長と言う観点では新陳代謝に影響してしまう範囲の低水温飼育なんでしょうね。

>酸素を二酸化炭素の様に強制的に溶け込ますとかどうですかね?

水草水槽のCO2ボンベは飽和点に近づける程度の方法ですので、強制的と言うと圧力鍋の原理で圧力を加える方法ですね。
日常水槽管理としては、難しいそうですね~。(;^ω^)
こうdiscus |  2015.09.01(火) 23:14 |  URL |  【コメント編集】

またたび、いや、再びRyuさん、こんばんは。(^^)

>そう! オゾン! 使い方に注意しなければいけませんけどね(^_^)

やはりオゾンですか。そうですね。オゾンは細胞を劣化させる事の方が通説なので素人考えで取り扱っては危ないですね。(;^ω^)
こうdiscus |  2015.09.01(火) 23:29 |  URL |  【コメント編集】

■gpbyctlb

gpbyctlb |  2016.10.02(日) 11:03 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://koudiscus.blog.fc2.com/tb.php/427-ce4dec05

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |