2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2016.02.12 (Fri)

【水槽学】産卵適正温度

産卵時の水温が高いと受精しても孵化率が低い事が知られています。
しかし、低ければ良いと言う物では当然有りません。



ここでは、私が20年程前現在の環境では無くまだ独身で自由にディスカスライフを満喫していた時の水槽本数も多くR/Oやアニオン、カチオンフィルター等を使用し、導電率、硬度、PH、水温等をまめに管理していた時の遠い記憶を大体のグラフにしてみたいと思います。(しっかりとした実績データを元にしておらず、すみません。参考程度に見て下さい。(;^ω^))

孵化率

原種系と改良品種系とでは、産卵適正水温が異なり、又人によって得られた実績も複数の環境要因の影響で異なると思いますのであくまで私の場合ですが、参考になれば幸いです。(^^)

P.S.
最近の水槽学は大分仮説検証型から乖離してて来たのう~。(;^ω^)

 宜しければクリック願います。 (^^)  
 にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
23:04  |  【水槽学】  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

水槽内でも水深や対流によって温度変化や温度域の違いはないのでしょうか?(^◇^)
産卵塔の上すぎや下過ぎを改善する方法とか(^◇^)
深いですね
ゆきすこ |  2016.02.13(土) 00:00 |  URL |  【コメント編集】

プラスマイナス1度の差でかなり率も変わるものなんですね〜
その幅ってサーモのオンオフ幅でもあったりして。
繁殖水槽ではサーモが頻繁にオンオフしないような対策もいるかもわかりませんね(^_^)
Chan Ryu |  2016.02.13(土) 07:16 |  URL |  【コメント編集】

ゆきすこさん、こんばんは。(^^)

>水槽内でも水深や対流によって温度変化や温度域の違いはないのでしょう
>か?(^◇^)

吟じます。あると思います!( ̄▽ ̄)古っ

当然ヒーターで温められた水は上層部へ冷えた水は底に沈むので温度域の違いは有りますね。
昔は、産卵筒を昇り始める位置を意識し、水槽の下から1/4~1/3位の所で測定していました。(^^)

当時私が意識した温度は絶対温度と言うより、同じ位置で測定する等前提条件を同じとし、同一水槽環境での適正温度(相対的な温度)を意識していたかもしれません。
こうdiscus |  2016.02.13(土) 23:10 |  URL |  【コメント編集】

Ryuさん、こんばんは。(^^)

>繁殖水槽ではサーモが頻繁にオンオフしないような対策もいるかもわかり
>ませんね(^_^)

そうですね~。結果、頻繁にオンオフする事になってしまうかもしれませんが、センシング精度を上げ、設定温度に対する上下限のバラツキを少なくする事も重要かもしれませんね~。

こうdiscus |  2016.02.13(土) 23:18 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://koudiscus.blog.fc2.com/tb.php/540-988cb5ae

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |