2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2016.03.03 (Thu)

【水槽学】プレコ用餌のディスカス適応考察

以前、2015.12.09にタナゴ専用飼料のディスカスへの水平展開と言う記事をアップしましたが、今日はプレコ用餌のディスカス適応についてアップしたいと思います。

プレコ用&タナゴ用餌

何故プレコ餌を持っているのかと言うと、実は裏にこんな記載があったからです。

こんな記載
プレコ用人工餌成分表

“スピルナをたっぷり使いました。”何と魅力的な言葉でしょう。
購入当時まだタナゴ用餌が発売されていなかった事も有り、試しに買ってみました。

他の成分としてCaを含むフィッシュミール、赤系のみならず青系の育成にも良いアスタキサンチンを含むオキアミミール、腸や新陳代謝に良いビール酵母等その後新発売されたタナゴ用餌に成分が良く似ています。

そのままドボンと水槽に入れても、ポテトチップスの様な形状なので食べにくく、あまりディスカス受けは良く無かったのでハンバーグに混ぜようと考えていましたが、その後タナゴ用餌が出たので現在はそれをたまに給餌していますが、プレコ用の餌の方がコストパフォーマンスが良いのと匂いや色合いからスピルナ配合率が高いと思われるので次回、自作ハンバーグを作る時に混合させてみようと考えています。

ちなみに、プレコ用の餌100%でも過去に幼魚育成実績が有るのでハンバーグ混入は問題無いと思います。

尚、この餌にはタピオカα化澱粉と言う成分も入っているので、自作ハンバーグで生じる“バラケ”を抑えられるのではないかと期待しています。(^^)

宜しければクリック願います。 (^^) ⇒ にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ







スポンサーサイト
23:46  |  【水槽学】  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

あー(; ̄O ̄)
いい狙いですよね( ̄+ー ̄)
ゆきすこ |  2016.03.04(金) 00:11 |  URL |  【コメント編集】

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2016.03.04(金) 15:58 |   |  【コメント編集】

植物性飼料。
特にスピルリナは、ビタミン摂取と自然な色揚げ効果があると、一時ブームみたいな感じになり今は定着しましたね(^_^)

植物性飼料と言えば昔オヤジが池の鯉にキャベツを丸々一個そのまま放り込んで食べさせていた事を思い出します。

あぁいう事を何かディスカスで応用できないかと考えてますがなかなか無いもんです(^^;;
Chan Ryu |  2016.03.05(土) 06:55 |  URL |  【コメント編集】

ゆきすこさん、こんばんは。(^^)

>あー(; ̄O ̄) いい狙いですよね( ̄+ー ̄)

だしょー!(^O^)/
こうdiscus |  2016.03.06(日) 23:02 |  URL |  【コメント編集】

Ryuさん、こんばんは。(^^)

>植物性飼料と言えば昔オヤジが池の鯉にキャベツを丸々一個そのまま放り込>んで食べさせていた事を思い出します。

キャベツを粉砕してハンバーグに混ぜるとかですかね~。

キャベツは抗ガン作用が有り、免疫力を高めたり、意外とCaやビタミンC、Kがあるとの事。先ず、私が摂取した方が良さそうですね~。(;^ω^)
こうdiscus |  2016.03.06(日) 23:08 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://koudiscus.blog.fc2.com/tb.php/558-371d3661

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |