2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2016.04.17 (Sun)

【水槽学】OJWSペア2稚魚死亡と原因の考察 & OJWS稚魚生後29日目

【訂正事項】
昨日のブログで刻みハンバーグと有りましたが、刻み赤虫の間違いです。失礼しました。(;^ω^)
先程、読み返してビックリ!認知症でも始まったか?自分にアンビリーバボーです。


OJWSペア2稚魚死亡と原因の考察

昨日から底に沈んでいるOJWSペア2稚魚が数匹いて、今日は更に数匹底に沈んだり、フラフラと水面を弱々しく泳いでいる稚魚がいて計10匹の稚魚が死んでしまいました。



何故死んでしまったのでしょうか?私が真っ先に疑ったのは、稚魚の消化不良でした。

エラ病か何かの病気か?とも思ったのですが、どうもそんな感じがせず、死んだ魚体は健康そのものでお腹も膨れていました。
急に状態が変わるときには、何か変化点ある筈です。

そこで、何の変化点があったかを洗い出してみました。

<4/15⇒4/16の変化点>
①.換水50%
②.ブライン給餌開始

この内、①は以前から度々行っているので無関係です。
そうすると、②.ブライン給餌開始が残りました。これが原因の可能性大です。

<予想原因①:.未成熟稚魚にブライン給餌した事による消化不良>

ブラインをまだ食べれないかもしれないと思う様な魚のサイズの時にブラインを給餌、たまたま食べた稚魚もいましたがその時点で稚魚はまだ生後10日目だったのです。

通常は2~3週間後に給餌がセオリーでしたが、ミルクしか飲んでいない消化器官が未発達な赤ん坊に、いきなりゴハンを食べさせてしまった感じです。
しかも悪い事に、ブラインの3割は殻と半分孵化したブライン(ブラインと殻が少し離れてダルマ形状に見える状態)が混じっていたのです。

半分孵化したブラインは食べてしまいますので、それも一因ではないでしょうか。

<対策①:水温UP及びエアレーション追加>

ブラインを食べてしまった稚魚は他にもいるので、次々と消化不良になって死んで行く可能性が有ります。
吐かせる訳にも行かないので、対策としては消化を補助してやる事です。

と言う事で、水温を28.5℃⇒30℃に上げ体の新陳代謝及び消化器官の活動を活発化させる事と、溶存酸素が水温上昇により少なくなり、酸欠やエラ病になるのを防ぐ為エアレーションを追加しました。

その後、ゆきすこさんからブライン給餌のアドバイス等を教えてもらっていると、マニアSさんから近くに行く用事があるので家に来て様子を見てくれると言う事になりました。
(実は一昨日もSさんの自作ハンバーグを届けて頂いたばかり。いや~いつも来て頂いて申し訳け有りませんでした。<(_ _)>)

Sさんもブライン給餌の時期が早い点は共通認識でしたが、Sさんなりの見解を導き出しました。

それを以下に予想原因②と対策②にまとめると、こんな感じです。

<予想原因②:ミネラル不足>

Sさんによると、私が導電率の低い水をペア用のみならず稚魚用にも使っているので、ミネラル系の栄養不足により弱ったと言う見解でした。
確かに、それも頷けます。それで急死する事はないかもしれませんが、徐々に稚魚が死亡する可能性と何か別の要因(例えば早期ブライン給餌)と重なった場合には、より致死率が高まると考えられます。

<対策②:岩塩投入>

そこで、対策としてSさんに以前頂いた天然の塩を投入して頂きました。
家庭用の塩に入っているナトリウム以外に天然由来のミネラルが入っていますので、ミネラル不足にはうってつけです。(^^)

ちなみにSさんのアドバイスでエアレーション追加は外し、フィルターのエアレーションも弱くし、水温も元の28.5℃に戻しました。
(エアレーションが強いとフィルターがミネラルを吸ってしまうとおっしゃっていたと思います。)

今回の教訓です。以後気を付けたいと思います。(;^ω^)

<教訓>

1)稚魚の消化器官が十分整ってから離乳食を与える事。
2)導電率の低い水はミネラルが不足しているので、稚魚には使用しない事。

P.S.
先程見たら更に5匹位の稚魚が弱って底にいました。消化不良で弱る魚がまだ続出している様です。

OJWS稚魚生後29日目

OJWS稚魚、こちらは対照的に順調に育っています。
何か稚魚の育成、陰と陽を双方同時に味わっている微妙な気分です。(;^ω^)

20160417OJWS稚魚生後29日目



このロットは全て種親にするつもりで育てたいと思います。(^^)

にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)  










スポンサーサイト
23:11  |  【水槽学】  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

そこ結構沼にハマるとこです
それ以来ブライン嫌いになりましたけどこのままじゃいけないとsマニア様に喝を入れていただきました
ゆきすこ |  2016.04.17(日) 23:43 |  URL |  【コメント編集】

ブライン給餌のタイミングは要注意ってことですね。
私は高温飼育しているので、少々早くても稚魚の成長が早くて助かっていたのかもしれませんね。

ミネラルがない水は危険なんですね。。。これも注意します。

OJWSの稚魚はかなり順調ですね~(*^_^*)
28.5度の飼育でも元気いっぱいですね。私は30度飼育なので、どれくらいの差がでるのか、もしくはでないのか気になりますね。
単純に大きければよいとか小さければよいとかではないですけどね。色ツヤ体型など・・・
ムツ大郎 |  2016.04.18(月) 01:09 |  URL |  【コメント編集】

自分の場合は孵化したらまずバイタル添加してます(^_^)
魚のエラや体表からの栄養吸収はけっこう侮れないと思ってます。
それと孵化してからもまだ細胞分裂が活発に行われている時に水温を上げて分裂を加速させるのも器官の発達を阻害またはアンバランスにする可能性があると思ってます。
ま、科学的に根拠をとったわけではありませんが(≧∇≦)
思ったのは、まだ今のうちは大量に一度に換水するのではなく少量をマメに換水してみてはどうでしょうね?(^_^)
Chan Ryu |  2016.04.18(月) 07:05 |  URL |  【コメント編集】

ゆきすこさん、こんばんは。(^^)

>そこ結構沼にハマるとこです

もうハマらない様にしま~っす!(^O^)/
こうdiscus |  2016.04.19(火) 00:05 |  URL |  【コメント編集】

ムツ大郎さん、こんばんは。(^^)

>私は高温飼育しているので、少々早くても稚魚の成長が早くて助かって
>いたのかもしれませんね。

成長が早く消化器系の機能が整っていれば大丈夫なんでしょうね~。(;^ω^)
PHを上げたり、硬度を上げたり、水温を上げるとディスカスミルクの出が悪くなるイメージがあったので、この時期は温度を上げた事は有りませんでしたが、そんな方法も有るんですね~。(^^)
こうdiscus |  2016.04.19(火) 00:09 |  URL |  【コメント編集】

Ryuさん、こんばんは。(^^)

>自分の場合は孵化したらまずバイタル添加してます(^_^)

なるほどビタミン注入って感じですね。(^^)

>まだ今のうちは大量に一度に換水するのではなく少量をマメに換水して
>みてはどうでしょうね?(^_^)

そうしたいんですが~。平日は往復通勤4時間に阻まれ色んな事が出来ません~。(;^ω^)残念。
こうdiscus |  2016.04.19(火) 00:11 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://koudiscus.blog.fc2.com/tb.php/594-d120c485

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |