2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2016.05.09 (Mon)

【水槽学】水槽増設、移動時のプチテク


皆さまG.W.は如何でしたでしょうか。久々のブログUPです。(^O^)/
大した内容では有りませんが、少し水力学の内容があったので水槽学のジャンルでアップします。

今日は先週行った水槽増設時に用いたプチテクを紹介したいと思います。

プチテク1:移動魚保管クーラーBOX

移動する為一時的に魚を入れておく容器としてバケツ等を使う場合が有ると思いますが、移動元の水槽/備品掃除や移動先のセッティング等で直ぐには運べないのでエアレーションしながらをその中に魚を入れているのではないででしょうか。
いちいちそれらを準備するのは面倒ですよね。

と言う事でこの方の登場です。

テク1-1

クーラーBOXにチューブ穴を開け、電池式ブクブクをビス止めした魚運搬用クーラーBOXです。
私は釣った魚を生かして持ち帰るのに使用していますが、熱帯魚専用に1個置いておくのも良いと思います。
ホームセンターでクーラーBOXが2千円前後、電池式ブクブクが500円前後で済みます。

用途としては今回の水槽増設の為の仮魚置き以外に、自分の魚を別の場所に移動する場合や持ち帰る場合にも使えるので重宝すると考えます。例えばコンテスト出品するのにも使えるのではないでしょうか。

因みに釣魚用と兼ねたい場合は、必ず熱湯消毒してから熱帯魚を入れる事をお勧めします。



プチテク2:ペイントによる汚れ隠し

長期間水槽を置くと、水槽の汚れた水等で水槽を置いた場所が変色する場合が有ると思います。
基本的には掃除を行って汚れを取るのが良いかと思いますが、変色した場合は意外と元に戻らない場合が多いのでその場合の対応策としては同色でペイントする事をお勧めします。

<Before ペイント前>
テク2-1

<After ペイント後>
テク2-2

プチテク3:手をドライヤーで乾かし、滅菌する


病気の魚が居る水槽と離れた場所にいる魚が同じ病気になる事がディスカスでは良く有り得ます。
まるで空中に溶けた病気の水分が遠く離れた水槽に病原菌と共に入る様な感じです。

網を別にし、専用ホース、専用器具に分けても病気が移る場合が有りますが、これはかなり超私見ですが何らかしらの水分(水滴、飛沫、毛細管現象によリ水分が運ばれる等)が水槽に混入してしまう為だと考えています。

と言う事で、病気になった魚がいる水槽の水に触れた場合は当然薬浴ソープ等で洗えば良いのですが、極微量の洗い残し病原菌が有るとやはり病気は移ってしまう場合があるので、対策として私はドライヤーで手を乾かす様にしています。
水を媒体にしている病原菌なので媒体が無く熱風にさらされると菌はほぼ死滅すると考えています。

これが、どれ程効果的かは分かりませんが実績は有ります。

テク3

因みに手を洗っても病原菌が残ってしまうロジックとして管抵抗の原理が有ると考えています。

下図は管の中を流れる水流の強さの分布を模した図ですが、管の中心に行く程流れが強く、逆に管の壁面に近い程流速が落ち、壁面では理論上流速0m/sとなります。

これを人の手や水槽器具に置き換えて考えたらどうでしょうか。
水で洗い流した程度では手の表面は理論上流速0m/sなので、菌が残る可能性が有ります。
又、ごしごし手を洗ったりしても目視で確認出来る程度の汚れは落ちますが、手の皺や指紋の凹みに存在する微細な菌は流速0m/sの世界に居るので完全には落ちない可能性が有ります。

管抵抗

と言う事で、私は濡れた状態では目視出来る汚れは落とせても菌は落ちないので、菌が生存出来ない媒体に漬けるか媒体(水)を除去するかのいずれかの対策が必要だと考えています。(^^)

P.S.
一番は常に病気を予防する(魚体を健康に、水質を良くキープする)のが肝要だと思いますが。


にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)  



スポンサーサイト
23:33  |  【水槽学】  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

そうですねぇ
かなり以前だったと思いますが一つの水槽のメンテをする度に手や器具をアルコール消毒していても2つの水槽で同じ病気が発生してしまったという例を見ました。
その例の場合はどこまで消毒していたかハッキリと覚えていませんがどこかから飛び火した可能性が高かったと思います。
まぁ、完全に遮断するのは難しいかと思いますが別の水槽をメンテする時は日時をずらすのも一つの予防法ですね(^_^)
Chan Ryu |  2016.05.10(火) 07:15 |  URL |  【コメント編集】

Ryuさん、こんばんは。(^^)

>完全に遮断するのは難しいかと思いますが別の水槽をメンテする時は日時
>をずらすのも一つの予防法ですね(^_^)

それは良い方法ですね~。(^^)参考にさせて頂きます。
こうdiscus |  2016.05.10(火) 22:45 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://koudiscus.blog.fc2.com/tb.php/609-55b60726

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |