2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2016.11.08 (Tue)

新Bi JWSペア稚魚いない!(;゚Д゚)

先程帰宅すると水槽の中はこんな感じでした。



ペアが黒化していよいよな感じだな~。
あれっ?稚魚が見えない。あれ程産卵筒に100匹以上は居た筈なのに!

はは~ん。産卵筒の裏に固まっているに違いない。
と言う事でくるっと産卵筒を回して見ると、There is nothing.!!!
稚魚がいなくなっていました。がーん!(;゚Д゚)

しかし、通常稚魚が死んだり、親が食べた後は体色が明るくなって行くものですが
ペアは黒化してミルクを出さんばかりの体色をしています。

多くはないが、何処かにいるんじゃないの?とキョロキョロ探してみると・・・



産卵筒の縁や水槽底面に落っこちていました。
よく見ると団子になった稚魚達や、一匹ずつバラバラになった稚魚があちらこちらに放置されていました。

はあ~?何やっとんじゃ!ちゃんと面倒見ろ!!!
と怒りたいのはヤマヤマですが、怒っても躾にならないので、ここはジッと観察しながらディスカスの気持ちに・・・
ん~。気持ちが分からん!( ̄▽ ̄)

いや、もう少し何故放置しているのか、そして今後の対策を考えてみよう。
と言う事で、観察して分かった事実を元に放置している原因(仮説です)と対策を考えてみました。

原因1)糞と絡み合った稚魚の塊は稚魚と見なしていない。糞かゴミと思っているかもしれない。
対策1)産卵後は餌止め。又は孵化前には餌止め。且つ孵化前に糞やごみはスポイトで全て吸い取る。

⇒♀が産卵後も餌をねだるので水質悪化しない程度に餌を少々与えてしまったのがアダとなってしまったかもしれません。(餌を与えても大丈夫なペアは居るんですけどね。)

原因2)このペアは産卵筒から落ちた稚魚を元々拾い上げる習性が無い。
対策2)自由遊泳迄網を被せる。

⇒そう言えば前回は(別々のペアの状態で)網を被せたと思います。被せたせいで自由遊泳迄は産卵筒に着いていれたのかもしれません。

しょうが無いので、ペアの代わりに落ちている稚魚をスポイトで産卵筒へ着けました。
(しかし、気の強い♀がスポイトにぶつかって来るので、せっかく産卵筒に着けた稚魚が又バラバラに・・・)

なんだかな~。(;^ω^)

取り敢えず様子見です。


にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)




スポンサーサイト
23:52  |  ディスカス  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://koudiscus.blog.fc2.com/tb.php/749-6b1057b8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |