2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2017.01.04 (Wed)

【水槽学】夕方1回仕込みで朝晩ブライン給餌する新方法

待ち遠しかった正月休みも突入したとたんに残す所本日迄となり、明日から又片道二時間通勤開始です。
しかし、是迄と異なり稚魚にブラインを給餌する為更に早起きしなくてはなりません。

と言う事で、どうにか工夫してこれ迄と同じ時間で起きる方法=夕方ブラインを仕込んで朝晩ブライン給餌する方法(下記4パターン)を考えてみました。

夕方ブライン仕込み朝夕二回給餌法

<結論>
・パターン4;孵化器一台+冷凍餌給餌が最も手間要らず。
・活ブラインがマストな人はパターン3;孵化器1台で朝晩給餌(新方法発見)も可能



物理的にはどれも可能ですが、パターン1、2は複数の孵化器を時間を空けて管理する必要が有るので面倒です。

そこで思い付いたのが先ずパターン4の孵化器1台で夕方仕込み、翌日の夕方給餌+朝は冷凍ブラインと言う方法です。
しかし、私の実績では冷凍ブラインには見向きもしないのでこれは無しかなと一瞬思いましたが、是迄は活ブライン給餌に慣れていた稚魚に冷凍ブラインを与えていた事に気が付きました。

そこで本日始めて(活ブライン給餌前に)冷凍ブラインを与えてみました。
下の動画がその時の様子です。



冷凍ブラインでの餌付け成功です。
このロットは今後活ブライン給餌しても、冷凍ブライン給餌をしてもどちらも食べてくれる可能性が大です。
先程活ブライン給餌後暫くしてから冷凍ブラインを試しに与えた所食べていますので成功ですね。

と言う事で、今回のロットについてはパターン4で対応出来る事が分かりました。

次に実験してみたのがパターン3;孵化器1台で朝晩給餌です。
これは従来ブラインの孵化に24時間を要すとされている所を12時間で50%以上孵化させ、24時間後で孵化率を100%近く持って来ると言う方法です。

以前24時間経過せずして孵化するブライン幼生を確認して依頼、もっと環境条件を整えれば半日程度で孵化する事が出来るのでは?と考えていましたので、早速下記条件で実験してみました。

『環境条件』
①.水温31℃、②.塩分濃度;所定の1割増し


すると12時間経過後50%以上のブライン幼生が孵化していました。心なしか小さい感じがしますが、早速給餌した所稚魚達は冷凍ブライン同様に食べていました。(やはり動いているので少し食い付きは良い様です。)

製品の耐久試験をする場合通常三ヶ月~半年を要す所、加速試験と言って化学物質や温度、湿度、気圧等環境条件を変化させる等して短期間に試験をする事が有りますが、生物は大体温度を少し上げると変化が加速する傾向に有るので、その法則に当てはまる可能性が有ると考え、通常は28℃ですが3℃高くしてみました。

ブラインの孵化は他魚種(特に金魚)でも論じられており、適正水温(28℃)より高くても低くても良くないと言うのが常識の様になっていますので、ある意味私の孵化条件は逸脱した考えかもしれませんが、今回の実験結果ではこの環境条件の元夕方ブラインの卵をセットすれば、翌朝及び夕方以降も給餌可能になると言う結果が得られました。

一日一回ブラインをセットし、朝晩の二回活ブライン給餌をしたい方は自己責任で試してみて下さい。


P.S. 新Bi JWS親離れ

下記の動画は更に親離れ後の様子です。(因みに稚魚が食べているのは活ブラインです。)
明日はいつも通りの時間に起床します。(^^)





にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
↑ クリックして頂ければ 幸いです。 (^^)




スポンサーサイト
22:20  |  【水槽学】  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

頑張って下さい(^_^)
Chan Ryu |  2017.01.05(木) 06:33 |  URL |  【コメント編集】

れん中田 |  2017.01.05(木) 06:55 |  URL |  【コメント編集】

こんにちは、ブラインシュの沸かしを色々と苦労しますね・・・・・・・・・・・・
蕨の鈴木 |  2017.01.05(木) 15:00 |  URL |  【コメント編集】

あ〜
朝のコメがあっさりしすぎてたもので自分なりの感想でも書いておきます(^_^)
まずは、適正な塩分濃度と適温ではない為孵化率の低下がかなりあるのではないかな?と思われる点ですがこれは低下を見込んで卵を多く入れれば目的の量には達するのかな?と思います。
次に朝の時点での未孵化卵と幼生との分離作業。
私は分離作業時にライト等で幼生を浮かせて未孵化卵をジャーッと一度排泄してから幼生を漉し取るようにしてましたがハッチャーなんちゃらを使うとその必要もなくうまく分離してくれるんでしょうかね?(^_^)

自分ではやった事がないのでわかりませんからとにかくやってみて下さい(^_^)
実践あるのみ!(≧∇≦)

こうさんがうまくいったら俺もやってみるかなぁ〜♪
Chan Ryu |  2017.01.05(木) 18:04 |  URL |  【コメント編集】

あ…
やったのね…

すみましぇ〜ん!(≧∇≦)

先のコメにレスは、いりませんから(^^;;
Chan Ryu |  2017.01.05(木) 18:09 |  URL |  【コメント編集】

Ryuさん、こんばんは。(^^)

三回もコメ入れてくれたんですね。ありがとうございます。(^O^)/

因みに朝給餌の楽な分離方法は、起床した直後エアレーションを外し、孵化器に光が通さない様な布をかけておきます。

次に、(朝飯等を食べながら)少し時間を置くと底に孵化したブライン幼生が溜まっているのでスポイトで吸い給餌します。

その後は元のエアレーション状態にして帰宅後残りの幼生を与えていますが
特に追加時間が必要と言う感じは無く楽ですよ。(^^)

ポイントは日常生活とタイミング良く給餌作業を組合せる事だと心掛けています。


こうdiscus |  2017.01.05(木) 23:07 |  URL |  【コメント編集】

れん中田さん、こんばんは。(^^)

>笑

こうdiscus |  2017.01.05(木) 23:08 |  URL |  【コメント編集】

蕨の鈴木さん、こんばんは。(^^)

>こんにちは、ブラインシュの沸かしを色々と苦労しますね・・・

どちらかと言うと楽する為です~。(^^)

今日はパターン4を実施しましたが、非常に朝は楽でした。
明日はパターン3を実施してみます。
こうdiscus |  2017.01.05(木) 23:11 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://koudiscus.blog.fc2.com/tb.php/786-0fc7dd00

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |